一歩引いて見ればおかしなネーミング? カワサキ「Ninja ZX-25R」の他にはない個性的すぎるキャラクターとは

身長174cmの筆者(伊丹孝裕)がシート高785mmの車体にまたがった状態
カワサキ「Ninja ZX-10R KRT EDITION」(2020年9月発売)
「Ninja ZX」シリーズ共通イメージとなるフロントマスクにはツインLEDヘッドライトを装備
跳ね上がった形状のスリムなテールカウル。LEDテールライトは「Ninja ZX-10R」にインスパイア
スポーツライディングに適した前傾姿勢を形成するセパレートタイプのハンドルバー。倒立フロントフォークはSHOWA製φ37mmのSFF-BP(セパレートファンクションフロントフォーク-ビッグピストン)を採用
コックピットは中央に大径アナログタコメーター、右側にギアポジションインジケーターと多機能液晶パネル、左側に各種インジケーター類を配置
排気量249ccの水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブエンジンは33kW(45PS)のパフォーマンスを発揮
SE仕様にはエンジン回転数2500rpmからクラッチ操作無しでシフトチェンジ(アップ/ダウン)を可能とするオートブリッパー機能付き「KQS(カワサキクイックシフター)」標準装備
フロントブレーキは310mmの大径シングルディスクにラジアルマウントされた対向4ピストンモノブロックキャリパーの組み合わせ
ロングタイプスイングアームは車体右側が湾曲形状となる左右非対称。下から車体中央に寄せられたショートタイプのサイレンサーが顔をのぞかせる。リアブレーキにはNISSIN製シングルピストンキャリパーを装備
カワサキ「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」(2020年型)に試乗する筆者(伊丹孝裕)
排気量250ccクラスの4ストローク並列4気筒エンジンから、旨味を感じられる回転領域があったことを思い出す
カワサキ「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」(2020年9月発売)
カワサキ「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」(2020年9月発売)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事