一歩引いて見ればおかしなネーミング? カワサキ「Ninja ZX-25R」の他にはない個性的すぎるキャラクターとは

2020年9月に発売されたカワサキの新型「Ninja ZX-25R」は、並列4気筒エンジンを搭載する排気量250ccクラスのスーパースポーツモデルです。ライターの伊丹孝裕さんが試乗します。

そのネーミングとは裏腹に、表舞台で輝く抜きん出た存在!?

 カワサキ入魂の2020年ニューモデル「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」に乗りました。アルファベットアレルギーの人のためにカタカナで記しておくと「ニンジャ・ゼットエックスニーゴーアール・エスイー・ケイアールティー・エディション」。どちらにしても長いので、ここから先は「ZX-25R」でいきます。

カワサキ「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」(2020年型)に試乗する筆者(伊丹孝裕)

 そもそもバイクの名前に「ニンジャって正気の沙汰か?」と思わなくもありません。アラフィフライダーにもなるとすっかり慣れてしまっただけで、ニンジャですよ、ニンジャ。スズキの輸出仕様ジムニーに「サムライ」ってのもありましたが、いずれにしても「なにに乗ってるの?」って聞かれた時、答えるのが微妙に気恥ずかしい。どうせなら「トノサマ」あたりまで振り切ってくれた方が清々しく、逆に250ccクラスなら「アシガル」とかいいんじゃないですかね。なんかこう、キビキビ曲がって小気味いい感じがして。 そこはかとなく、ヤラれキャラ感が漂わなくもないですが。

 それはさておき、今回乗ったZX-25Rは全然アシガルじゃありませんでした。ハンドリングはかなり安定指向で、特にフロントタイヤは路面をヒタヒタと追従。どちらかと言えば、ご家老のようにどっしりと落ち着いた振る舞いを見せてくれたからです。

 反面、エンジンは“お転婆”です。転がる婆さんと書いて、おてんば。もうその字面だけでただごとではありませんが、「お転婆娘」という言い回しからも分かる通り、不思議なことに、この言葉は若い娘さんに対して使われるわけです。ちょっとした侮蔑表現に感じられるものの、あまり深堀りしても話が一向に進まないので、それもさておき。

排気量250ccクラスの4ストローク並列4気筒エンジンから、旨味を感じられる回転領域があったことを思い出す

 ともかく、ZX-25Rのエンジンで印象的だったのは、今や死語に近い「パワーバンド」というワードを思い出させてくれたことです。パワーバンドとはエンジンが活き活きとレスポンスする領域のことを言い、ZX-25Rの場合はだいたい14000rpmから17000rpmあたり。この3000回転の中に旨味がギュッと詰まっていて、この回転域を外すとまったく活力を感じさせません。

 8000rpmやそこらでは、エンジンはモワァ~と手応えがなく、その様はまるで志村けん扮する“ひとみ婆さん”さながら。スロットルを開けても「あんだってぇ?」的な反応しか見せてくれない一方、13000rpmあたりからは急にキャンキャンと騒がしく、小泉今日子演じるあんみつ姫のような“おちゃっぴい”な(※ウィキペディアで“あんみつ姫”を調べると、こう書いてあった)キャラに豹変。その二面性が、ZX-25Rに搭載される並列4気筒エンジンの魅力と言えるでしょう。

カワサキ「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」(2020年9月発売)

 ただし、婆さんモードの時はいいとして、娘もしくは姫モードの時はかなりうるさいです。パワーバンドに入った時の排気音は金切り声と表現しても差し支えなく、その領域を一般公道で楽しもうとすれば、非合法極まりない速度に到達するのは必至。本領を発揮させるには、結局のところサーキットに持ち込まなければならず、その意味ではリッタースーパースポーツが抱えるジレンマとあまり変わりありません。250ccでありながら、決して手軽ではないところに一抹のもったいなさが感じられるのです。

 とはいえ、他のモデルにはない抜きん出た個性を持っているのは事実。話題性に関してもパフォーマンスに関しても、しばらくカワサキの独壇場が続くのは間違いありません。

カワサキ「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」(2020年9月発売)

 ニンジャというネーミングとは裏腹に、まったく世を忍ぶつもりはないようです。

※ ※ ※

 今回試乗したカワサキ「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」の価格(税込)は91万3000円、標準仕様の「Ninja ZX-25R」は82万5000円です。

【了】

【画像】カワサキ「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」(2020年型)の詳細を見る(14枚)

画像ギャラリー

Writer: 伊丹孝裕

二輪専門誌「クラブマン」編集長を務めた後にフリーランスとなり、二輪誌を中心に編集・ライター、マシンやパーツのインプレッションを伝えるライダーとして活躍。マン島TTやパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなど、世界各国のレースにも参戦するなど、精力的に活動を続けている。

最新記事