ホンダの個性際立つ大型クロスオーバーモデル「X-ADV」をフルモデルチェンジし発売

フルモデルチェンジを行った大型クロスオーバーモデル「X-ADV」
シート高を790mmに設定し、発進、停止の多い市街地などでの取り回しやすさを高めています
フロントにデイタイムランニングライト機能を備えたLEDヘッドライトを採用
後輪への駆動力のレベルを必要に応じて任意に選択できるHonda セレクタブル トルク コントロールを装備
フロントサスペンションは、41mmの減衰力調整式倒立フロントフォークを採用し、フロントブレーキにはダブルディスクと対向4ポッドのラジアルマウントブレーキキャリパーを装備
駆動方式にはダイレクトな駆動力を感じられるチェーンドライブ方式を採用
機能/情報別に表示エリアを分けてレイアウトされた5インチカラー液晶ディスプレー装備
フルフェイスヘルメットを収納できる大容量22リットルのラゲッジボックス
Honda SMART Keyシステムとシーソースイッチ一体ノブ式メインスイッチを採用
スクリーンステーにリンク式を採用し、高さと同時に角度の変更も可能
フルモデルチェンジを行った大型クロスオーバーモデル「X-ADV」
ホンダの大型クロスオーバーモデル「X-ADV(エックスエーディーブイ)」
水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒新設計エンジンを採用
スロットルバルブの開度制御を行うスロットルバイワイヤシステム新採用
外観デザインも一新したX-ADV

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事