スーパーカー並みの加速力やエンブレを実現!? BMW Motorradの電動スクーター「CE 04」のSFアニメみたいなスタイルは伊達じゃなかった!!

身長175cmの筆者(青木タカオ)がシート高800mmの車体にまたがった状態。前後に長く幅広でフラットな形状は足が左右に開き地面は遠く感じる
BMW Motorradでは2番目となる電動スクーター「CE 04」(日本では2022年4月22日発売)
BMW Motorradでは2番目となる電動スクーター「CE 04」(日本では2022年4月22日発売)
BMW Motorradでは2番目となる電動スクーター「CE 04」(日本では2022年4月22日発売)
BMW Motorradでは2番目となる電動スクーター「CE 04」(日本では2022年4月22日発売)
BMW Motorradでは2番目となる電動スクーター「CE 04」(日本では2022年4月22日発売)
BMW Motorradでは2番目となる電動スクーター「CE 04」(日本では2022年4月22日発売)
シート下に配置された車体右側から横方向にアクセスするラゲッジスペース。ハンドル下のスイッチで開錠する
ラゲッジスペースにはジェットタイプのヘルメットが1個入るが(ヘルメットのサイズや形状によって異なる)、収納にはややコツが必要
シンプルなハンドルまわり。ハンドル位置はやや高め手前にあり、上体が真っ直ぐ起きた乗車姿勢になる
ハンドル下部のインナーレッグシールドには、左からスマートフォンの充電が可能な防水グローブボックス、ラゲッジスペースの解錠スイッチ、12Vシガーソケット、充電ポートが並ぶ。キーレス・ライドのためキーシリンダーは存在しない
充電ポート
特徴的な形状のシートにはシートヒーター内蔵(日本仕様車標準装備)
前後15インチサイズのディスクホイールを装備。カバーで覆われたフロントブレーキにはダブルディスクと4ピストンキャリパーの組み合わせ
前後15インチサイズのディスクホイールを装備。カバーで覆われたフロントブレーキにはダブルディスクと4ピストンキャリパーの組み合わせ
前後15インチサイズのディスクホイールを装備。リアホイールは片持ち式。車体右側からはディスクホイールを見せるデザイン
リアホイール左側にはベルト駆動のコンパクトな電動ドライブトレイとリアサスペンション。「マジェラン・グレー・メタリック」のグラフィック仕様にはメインスタンドを標準装備
BMW Motorradでは2番目となる市販電動スクーター「CE 04(シーイー・ゼロフォー)」に試乗する筆者(青木タカオ)
BMW Motorrad「CE 04」(日本では2022年4月22日発売)
メーターには10.25インチのTFT液晶カラーディスプレイを装備。ハンドルスイッチの操作によって各種インフォメーションの表示切替、機能選択、設定などが可能
怒涛の加速だけではなく、スロットルを戻した時の減速も調整できるのは電気モーターならでは。その味付けはモーターサイクルを作り続けてきたからこそ成せる業

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事