【現地レポート】2022年開催のマン島TTレース 決勝3日目は「スーパーツインTTレース」のみ、日本の山中選手が完走を果たす

日本から参戦した#44山中正之選手。「スーパーツインTT」では無事完走を果たした(写真/小林ゆき)
1周目トップを守ったのはマイケル・ダンロップ選手。彼もイタリアのPATON「S1-R」を走らせたが、3周目でコースアウトしリタイア(写真/小林ゆき)
「スーパーツインTT」で2位に入ったのはリー・ジョンストン選手。マシンはアプリリアの「RS660」をチョイス。写真は予選のブラダンチャーチにて(写真/小林ゆき)
「スーパーツインTT」3位は初の表彰台となったポール・ジョーダン選手。カワサキのニューモデル「Z650」ベースのマシンで出場(写真/小林ゆき)
「スーパーツインTT」の最終ラップ、コース終盤に位置するヒルベリーコーナーにまず現れたのは、混戦を制したヒックマン選手だった(写真/小林ゆき)
2022年のTTで初の表彰台獲得となったジョンストン選手。大きな声援が送られた(写真/小林ゆき)
マン島TTマウンテンコースの特徴でもある「グリーントンネル」。コースのあちこちがこのように道路左右の木立の葉で覆われるため、光のコントラストがライダーにとって難しいコンディションとなる(写真/小林ゆき)
ともにカワサキ「Z650」で参戦したDafabet Racingの#7ギャリー・ジョンソン選手と、#11ロブ・ホドソン選手(写真/小林ゆき)
プラクティス(予選)で気合の入った走りを見せるマイケル・ダンロップ選手。あまり車体をウイリーやジャンプさせない走法が特徴だ(写真/小林ゆき)
プラクティスからアグレッシブな走りを感じさせたピーター・ヒックマン選手(写真/小林ゆき)
「スーパーツインTT」で優勝したピーター・ヒックマン選手。イタリアのPaton「S1-R」を走らせた(写真/小林ゆき)
「スーパーツインTT」の中で唯一のヤマハ「MT-07」で参戦したバリー・フーバー選手(写真/小林ゆき)
他のカテゴリーに比べて非力な「スーパーツインTT」クラスだが、TTコースのいたるところでウイリーやジャンプを見ることができた(写真/小林ゆき)
女性のベテランライダー、マリア・コステロ選手もパトンで参戦(写真/小林ゆき)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事