全日本ロードレース選手権第2戦 Team HRC高橋巧選手が圧倒的な速さで勝利

全日本ロードレース選手権第2戦が鈴鹿サーキットで開催されました。前戦ヤマハの中須賀克行選手に先行を許したTeam HRC高橋巧選手が第2戦で強さを見せます!

第2戦はホンダに軍配!圧倒的な速さで鈴鹿を制す

 全日本ロードレース選手権は、三重県鈴鹿サーキットで第2戦が開催されました。

第2戦は強さを発揮したTeam HRC高橋巧選手

 開幕3連勝を狙うYAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀選手は、レース1、2週目にトップに立ちますがS字コーナーでTeam HRC高橋巧選手の先行を許し、3周目のデグナーカーブで転倒してリタイア。前戦もでぎでは、2レースともに2位だった高橋巧選手が中須賀選手転倒後に単独走行となり2位のヨシムラスズキMOTUL渡辺一馬選手に16秒の差を付け優勝しました。

 翌日行われたレース2は、前日の好調を維持した高橋巧選手が2分5秒台で周回を重ね2位以下を大きく引き離し、レースを優位な方向に進めます。一方、溝を開けられた2位集団の7台は、激しくポジションを入れ替えながらトップの高橋巧選手を追う展開に。14ラップ目に中須賀選手、野左根選手の2台のヤマハが渡辺一馬選手(スズキ)をパスし、さらに中須賀選手がスパートをかけ単独2位走行でレース2を終えています。

レース2でトップ高橋巧選手を猛追するヤマハ勢(中須賀選手/野左根選手)

 高橋巧選手は、2位中須賀選手に16秒857の大差をつけてゴールラインを通過、レース1に続きレース2も制しダブルウィンを飾りました。

全日本ロードレース選手権第2戦の写真を見る(8枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事