スピード違反の取り締まりや犯罪捜査に活用されている「オービス」と「Nシステム」一体何が違う?

道路で見かける「オービス」や「Nシステム」のカメラ。どちらもスピード違反の取り締まりや犯罪捜査に活用されていますが、それぞれの狙いやシステムはどう違うのでしょうか。

どちらも速度違反の取り締まりや犯罪捜査に活用

 速度違反の取り締まりなどに使用される「自動速度違反取締装置」、通称オービスは、高速道路や主要な幹線道路に設置されており、制限速度を大幅に上回る速度で走行している車両を検知してナンバープレートや運転者を撮影、記録しています。

高速道路や幹線道路に設置されたオービス

 車両ナンバーなどから所有者を割り出して、後日、対象者を呼び出し、そこで違反運転が明白になれば違反切符が切られます。制限速度を時速でどの程度オーバーしたら摘発されるのかを気にする人もいるようですが、一般道では30キロ以上、高速道路では40キロ以上が目安になっているようです。車速の検知方式などによってさまざまな形状がありますが、最近は非常にコンパクトなものもあり、路肩に設置される小型固定式と呼ばれるものが新たに登場しました。

 一方、Nシステムは「自動車ナンバー自動読み取り装置」のことで、車両捜査支援システムや緊急配備支援システムと呼ぶことがあります。Nシステムの“N”は“Number”の頭文字からきており、通過する車両のナンバーをすべて読み取って記録します。犯罪捜査で手配された車両を照会したり、交通事故の目撃者捜しに利用されたりすることもあるようです。

一番の違いはシステム

 オービスは速度違反を取り締まるための装置で当然、走行車両の速度を測定し、違反車のみを撮影しています。通過車両すべてのナンバーを読み取っているNシステムとは、その点で大きく仕組みが異なります。またスピード検出の方法も数種類あり、検出方法によってカメラの取り付け位置や形状も異なっているのです。

全国各地、様々な場所に設置されているNシステム

 速度測定に電波のドップラー効果を利用しているタイプはレーダー式と呼ばれています。車両に電波を照射して反射波との周波数の差から速度を割り出します。長期間使用されているので、オービスといえばこのタイプをイメージする人が多いかもしれません。

 電波を使わず、道路に埋め込んだループコイル(車両の金属部分を検出するセンサー)で測定しているのがループコイル式です。一定間隔に3個のループコイルが埋め込まれており、車両がその上を通過した時間を測定し速度を割り出します。レーダー式に比べて精度が高くなっています。Hシステム(高速走行抑止システム)の速度測定にレーダーを使わず、ループコイルを使用したタイプがLHシステムと呼ばれています。また、ループコイルの代わりに光電管装置で測定する光電管式もあります。

 これらのオービスは違反車両を検出すると、ストロボを使用して撮影します。ストロボは赤色と白色があり、強力な光なので撮影されるとすぐに分かります。これに対し、Nシステムの撮影は赤外線カメラを使っているため肉眼では確認できませんが、ドライブレコーダーには映るようです。

バイクも検挙されるため制限速度は厳守

 オービスは走行する車両の前方を撮影します。バイクのフロントにはナンバープレートがついておらず、フルフェイスのヘルメットなら、ライダーの顔も撮影できないだろうということで「オービスはバイクを取り締まれない」という見方があります。しかし、オービスに記録された違反の常習者が、張り込みと追跡で検挙されることは珍しくありません。制限速度を守り、くれぐれも呼び出されることがないように気をつけてください。

【了】

一番の違いはシステムにアリ! オービスとNシステムの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事