ハーレー新型車全32モデルを8月末に一斉発売 「ローライダーS」が待望の復活

米国のバイクブランド、ハーレー・ダビッドソンは、復活を遂げた「ローライダーS」を筆頭に全32車種の2020年モデルを8月22日より日本国内で予約販売します。

名車「FXSローライダー」をルーツに持つ「ローライダーS」が復活

 2019年で創業116周年を迎えた米国のバイクブランド「ハーレー・ダビッドソン」は、8月22日より新型モデル全32車種の予約販売を全国のハーレーダビッドソン正規ディーラーで開始します。

待望の復活を遂げたFXLRS「ローライダーS」

 2020年モデルの中でも目玉となるのが、国内11モデル目の新ソフテイルファミリー『ローライダーS』で、排気量1868ccの Milwaukee-Eight(ミルウォーキー・エイト)114エンジンの搭載や、アグレッシブなライディング用に調整されたプレミアムサスペンション・コンポーネントにより、パワフルで俊敏性の高いモデルとされています。

 1980年代のショベルヘッド時代の「FXSローライダー」にルーツを持つ、ブラックアウト仕上げが特長的な『ローライダーS』は、直径1インチのモトクロススタイルハンドルバーを4インチのハイストレートライザーに取り付けることで、アクティブなライディングポジションを提供します。

 また、一部を除く2020年モデルのツーリングファミリーとトライクには、ハーレー・ダビッドソンの新たなライダーサポート安全技術である、リ フ レ ッ ク ス・ディフェンシブ・ライダー・システム(RDRS)が搭載されています。

 このシステムでは、加速時の後輪の空転を防止するトラクションコントロールなどを採用することで、路面状態が悪い場合や緊急時にライダーの車両制御と安全をサポートするものとなっています。

CVO初のトライクFLHTCUTGSE『CVOトライグライド』

 そのほか、2020年モデルでは、従来の『ロードグライドウルトラ』からツーリング性能を強化して生まれ変わった『ロードグライド リミテッド』、ハーレーダビッドソンのスタイルとデザインの最高峰であるCustomS Vehicle Operations(CVO)初の限定トライク『CVOトライグライド』などが用意されています。

 様々なスタイルのモデルが用意されたハーレー・ダビッドソンの新型車は価格(消費税10%込)88万3300円からとなっています。

「ローライダーS」が復活! ハーレー2020年モデルの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事