ヤマハがマタニティマークの普及に協力  ベトナムで母子手帳とセットで妊産婦に配布

ヤマハは、2020年から全国で母子手帳の交付が始まるベトナムにおいてヘルメットに貼れるマタニティマーク・ステッカーを制作します。今回のプロジェクトの目的はどのようなものなのでしょうか。

お母さんと赤ちゃんの安心・安全のために

 ヤマハは、NPO法人ひまわりの会や国際母子手帳委員会、ベトナム保健省母子保健局等の協力のもと、2020年から全国で母子手帳の交付が始まるベトナムにおいてヘルメットに貼れるマタニティマーク・ステッカーを制作します。

ヤマハがヘルメット用マタニティ・ステッカーを制作

 日本発祥のマタニティマークは、妊産婦の皆さんに対し周囲の配慮を促す印です。ヤマハ及びベトナム現地法人YMVN(Yamaha Motor Vietnam Co., Ltd.)では、マタニティマークのベトナムでの普及を推進する日本の厚生労働省の活動に賛同し、NPO法人ひまわりの会や国際母子手帳委員会、ベトナム保健省母子保健局等の協力を得て、ステッカーを制作しました。今回の企画では、このステッカーと共に、母子手帳がセットで配布されます。

 今回の配布に際し、ヤマハの新ビジネス推進部のバン・グエンさんは以下のように話します。

「私自身、このプロジェクトに携われることを心から幸せに感じています。社会的意義が高い活動であることはもちろんですが、仕事を通して母国に貢献できることも、そしてたくさんの素敵な人たちと出会い協働できることも、私にとっては大きな喜びです。

左からヤマハのビジネス推進部のバン・グエンさん、国際母子手帳委員会の板東あけみ事務局長、ひまわりの会の岩田文雄事務局長

 公共交通機関が十分ではないベトナムでは、二輪車は妊婦さんにとっても仕事や生活の大切な移動手段です。そうした女性たちにもやさしい交通環境をつくるため、ベトナム保健省母子保健局の助言で、ヘルメットに貼れるステッカーを配布することになりました」。

※ ※ ※

 現在では約50の国に普及している母子手帳は、日本発祥のツールですが、国際母子手帳委員会の板東あけみ事務局長は「この一冊には、親や社会がいかに愛情を注いで自分の命を守ってきたのかが記録されています。若い人にとっては自己肯定につながるし、自分が親になる時のテキストにもなる」と話します。

 また、日本で年間100万枚以上の自動車用マタニティマーク・ステッカーの配布実績を持ち、今回のプロジェクトを発足するキッカケを作った、ひまわりの会の岩田文雄事務局長は、「2年ほど前、ベトナムの交通環境を目の当たりにして、その主人公であり人々の生活を支えるバイクの存在に着目した」と言います。

 ヤマハのビジネス推進部のバン・グエンさんは「ベトナムでは、妊娠してもそれまでと同じ生活を送ることが、健やかな赤ちゃんの出産につながるとされています」とも話しますが、こうした活動がベトナムのお母さんと赤ちゃんの安心・安全につながることに期待したいところです。

【了】

ベトナム版の母子手帳とヘルメット用マタニティ・ステッカーの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事