懐かしのモペット、おどろきのカスタム、おもしろバイクが続々登場! マックルモア&ライアン・ルイス「ダウンタウン」

新世代ラッパー、マックルモアが2015年にリリースした「ダウンタウン」には、80年代風にモペットやバイクをユーモアに演出したMVです。

トナカイにバイクゾリ、なんでもありのおもしろMV

 グラミー賞を受賞し、新世代のヒップホップをリードしているシアトル出身のラッパー、マックルモア。彼が2015年にリリースした「ダウンタウン」はモペットをユーモアたっぷりにラップした曲で、70年代のロックテイスト、80年代カルチャーへのリスペクトが存分に込められているミュージックビデオも大きな話題となった。

他人のベスパの上で昼寝するマックルモア

 他人のベスパの上で昼寝しているマックルモアの姿から始まるMVは、ゴミの落ちた荒んだ裏路地、壁のグラフィティ、人々のファッション、そしてモペット……全てが懐かしい80年代の雰囲気に満ちている。仲間とともにモペットストアに出向くマックルモアは、「実はモペットについて何も知らない」と告白しながらも、店員おすすめの荷物カゴ付きの<ホンダ エリート150>をかっさらい、ダウンタウンの裏道を疾走していく。「(ジャスティン)ティンバーレイクも(DJ)キャレドもスコット・ストーチもみんなドゥカティかよ。でもオレはこだわって1987年のカワサキでいくぜ」とラップするマックルモアが率いる一味は、どうやらみんなモペット派のようだ。ダウンタウンをさっそうとモペットで駆け抜けて仲間たちと向かったのは、敵対するバイク派ギャングとの抗争だ。

ホンダElite 150でハーレーを引き連れるマックルモア

 名作映画「ウェストサイド物語」をパロディしながら、懐かしいホンダのモペットやハーレーやドゥカティなどの人気バイク、ユニークなカスタムバイクなどがこれでもかと登場し、ほぼワンシーンごとに突っ込みどころ満載のネタがちりばめられたMVからひと時も目を離すことができない。

エリック・ナリーは4台のロイヤルエンフィールドを横並びにしソリを引く

 宙を舞うモトクロッサーたちのなかに、トナカイのハリボテをつけたカスタムバイクで乗り込んだマックルモアがバイク上で逆立ちを披露してみたり、大男に肩車されたままモペットに乗ったり、敵対グループのリーダー役のシンガー、エリック・ナリーがムチを振り回しながら4台のロイヤルエンフィールドを横並びにつなげた、犬ゾリならぬバイクゾリで登場したり……。度肝を抜くバイクのおもしろ使いに思わず、「なんでだよ! 」と突っ込みたくなってしまうこと必至だ。

人やバイクが多数登場する大団円はバイク好きにはたまらない

 ワシントン州のスポケーンという街で10日間かけて撮影されたという大規模なMVは、最後にはコーラスの盛り上がりとともに、敵対していたグループも一緒になって、街の人々、バイク、モペットのパレードで大団円を迎える。胸のすくようなハッピーエンドもさることながら、バイク好きには見る度に新しい発見のあるMVなので、世界で1.9億回も再生されたというのも納得である。

【了】

マックルモア「ダウンタウン」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事