新駅“御厨駅”に「ヤマハ発動機Revsサークル」誕生 ネーミングの由来はヤマハのスローガン

2020年3月に開業予定のJR東海道線の新駅“御厨駅(静岡県磐田市)”北口広場にヤマハが命名した「ヤマハ発動機Revsサークル(レヴズ サークル)」が誕生します。

地元の要望で設置が決まった「御厨駅」

 ヤマハ発動機株式会社は、2020年3月に開業予定のJR東海道線の新駅“御厨駅(みくりやえき/静岡県磐田市)”北口広場のネーミングライツ(命名権)について磐田市とのネーミングライツ契約に調印し、北口広場を「ヤマハ発動機Revs Circle(レヴズ サークル)」と命名しました。

調印式の様子 (左/渡部修 磐田市長 右/ヤマハ発動機代表取締役 日髙祥博社長)

「ヤマハ発動機Revsサークル」は、ヤマハのブランドスローガンである“Revs your Heart(レヴズ ユア ハート)”から、エンジンの回転を上げるように、心躍る瞬間、最高の経験を届けたいという思いをこめた「Revs」と、同社が大切にしてきたユーザーの共感、地域や社会との共存、地球環境との共生の意味をこめた「サークル」をかけ合わせ、命名されています。

 地元の要望で設置が決まった「請願駅」である御厨駅は、袋井駅から4.6km、磐田駅から3.2kmの、磐田市鎌田地内に設けられた新駅で、ヤマハの従業員のほか、近隣住民、プロサッカークラブ「ジュビロ磐田」のホームスタジアムであるヤマハスタジアム来場者、ヤマハの企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」来場者などの利用が多いと想定されているようです。

ヤマハはそうした利用者へのイベントの告知やジュビロ磐田に関する情報発信などを通して、地域に貢献したいという思いから当ネーミングライツへの応募し、磐田市との合意に至ったといいます。

 ヤマハは2018年3月にフィリピン・マニラに「ヤマハ・モニュメント駅」と命名された駅をオープンさせプロモーションに活用するなど、バイク業界にとらわれない戦略を打ち出しています。磐田市・鉄道会社と絡めた「ヤマハ発動機Revsサークル(レヴズ サークル)」がどのように活用されていくのか、注目したいところです。

【了】

【画像】“Revs your Heart”を感じるヤマハ製品(25枚)

画像ギャラリー

最新記事