ダカールラリー第5ステージは、KTMとハスクバーナがトップ3を独占し、総合でも順位浮上

ダカールラリー第5ステージは、KTMのT・プライス選手がステージを制し、2位3位にはハスクバーナを駆るP・クインタラ選手とA・ショート選手が入り、ンダ勢は手堅い走りで総合5位以内に3人のライダーが入っています。

第5ステージは、KTMとハスクバーナが躍進!

 ダカールラリー第5ステージは、RED BULL KTM FACTORY TEAMのトビー・プライス選手が、ハスクバーナ勢とホンダ勢を押さえトップでステージを制しました。総合順位も2位に浮上しています。総合トップは、Monster Energy Honda Teamリッキー・ブラベック選手が総合2位のトビー・プライス選手と約9分差で総合首位を守っています。

ステージ優勝を飾ったRED BULL KTM FACTORY TEAMトビー・プライス選手

 アル・ウラーからハイルに至る第5ステージのコースは、岩場と砂場の両方を通過します。スペシャルステージは353kmあり、サウジアラビアの北東にある新たなビバーク地に到着。ここからは砂丘を通過するステージが続きます。

 第5ステージで2位、3位に入ったROCKSTAR ENERGY HUSQVARNA FACTORY RACINGパブロ・クインタラ選手とアンドリュー・ショート選手ともに総合上位進出を目指します。

 ホアン・バレダ選手は、本来の調子を取り戻し、ステージ6位総合7位で第5ステージを終えました。31歳の誕生日を迎えたケビン・ベナバイズ選手は、ステージ首位から約12分差のステージ9位で総合3位。前日の勝者ホセ・イグナシオ・コルネホ選手は、ブラベック選手に追いつかれるまで大幅なリードを築き、総合5位で終えています。

総合首位のMonster Energy Honda Teamリッキー・ブラベック選手

 総合トップを守ったリッキー・ブラベック選手は、「上出来の一日でした。朝はとても寒くて大変でした。今日は高速でのラリーになりました。ナチョ(コルネホ)と一緒に走ったことで、総合首位を守ることができました。明日はいい位置からスタートできます。

 先頭中団に追いつき、タイムを縮めたいです。戦略を立てるのは難しく、一日一日をこなしています。まだ半分以上残っています。毎ステージ、ベストを尽くします」と語っています。

※ ※ ※

 ハイルから首都のリヤドに至る明日の第6ステージは、ここまでの最長総走行距離830kmです。レストデイ前の最後のステージになります。

【了】

ダカールラリー第5ステージの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事