「トライアンフ」新型ミドルサイズモデルが登場!? インド「バジャージ」とパートナーシップ締結

イギリスのトライアンフは、インドのバイクメーカー「バジャージ」とパートナーシップ締結しました。いったいどのような狙いがあるのでしょうか。

新たなミッドレンジモデルを設計・製造

 トライアンフモーターサイクルズは、2020年1月24日にインドで売上第3位の大手バイクメーカー「バジャージ・オート」と株式持分によらない長期的パートナーシップを締結しました。

インドのバジャージ・オートが製造する「Pulsar RS200」

 今回のパートナーシップ締結は、2つの世界的企業が協力し、まったく新しいミッドレンジバイクを作り上げようとする取り組みです。このパートナーシップを通じ、それぞれ大型バイクあるいは小型バイクに強みを持つ2つの会社が協同して、ミッドレンジバイクの設計および製造を行うことになります。

 このパートナーシップにより、トライアンフはミッドレンジモデルでの新たなビジネス展開をインドやアジアなどの新興市場で行うことが可能となります。

 また、時期は未定ですが、バジャージはいずれ、インド地域におけるその豊富な専門知識を活かしながら、トライアンフ・モーターサイクルズによるインドでの販売活動を引き継ぐことが予想されます。

 トライアンフがまだ進出していない海外の主要な市場においても、バジャージはトライアンフの代わりに、新たなミッドレンジバイクとトライアンフの製品を提供するといいます。
 
 トライアンフがすでに進出しているその他すべての市場においては、このパートナーシップで共同開発されるバイクがトライアンフの製品ラインナップに加わり、世界中のディーラーネットワークを通じて販売されることになります。

新プラットフォームを製造し、様々なモデルを展開

 今回の発表によると、両社はミッドレンジ(200から750cc)の新しいエンジンとプラットフォームの製造を行い、複数のオプションを提供することによって、ミッドレンジ内の異なったモデルを展開すると発表しています。

イギリストライアンフが製造する「スラクストンRS」

 また、製造される車両は、インドで価格 INR 2 lacs(20万インドルピー/日本円で約30万前後)未満からスタートすることを目標にしているとも発表されています。
 
 今回のパートナーシップ提携に際し、トライアンフ・モーターサイクルズのニック・ブロアーCEOとバジャージ・オート・インディアのラジブ・バジャージ社長は次のようにコメントしています。
 
■トライアンフ・モーターサイクルズのニック・ブロアーCEO
「これはトライアンフにとって重要なパートナーシップであり、正式に始まったことをうれしく思います。当社のブランドを重要かつ新しい販売市場に投入することはもちろんのこと、パートナーシップから生み出される製品も、若く目の肥えた顧客を引き付けるのに役立つでしょうし、当社のグローバルな拡大、特に東南アジアの急成長市場へ参入するという野望や、ヨーロッパのような成熟市場での成長を推進するための新たなステップでもあります」。

■バジャージ・オート・インディアのラジブ・バジャージ社長
「トライアンフ・ブランドは世界の象徴的なブランドであり、インドにも他の新興市場にもこれらの新しい製品に対する強い需要があると確信しています。私たちは、このように有名なモーターサイクル企業と協同し、あらゆる関係者にとってこのパートナー関係が成功となるよう、互いの強みや専門知識を活かせることを楽しみにしています」と語っています。

※ ※ ※

 日本のカワサキとも技術提携を結ぶバジャージ・オートは、KTMの筆頭株主としても知られた企業で、世界50カ国に販売網を持っています。

 近年、日本市場でも人気の高いミドルクラス・モデルだけに、国内への導入に期待が掛かります。

【了】

【画像】インド「バジャージ・オート」が製造するバイクを画像で見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事