重くてつらいはもう古い!? 最新バイク用エアバッグ事情

値段が高い、重い、着るのが大変など、安全性よりもネガティブなイメージが先行しがちなバイク用エアバッグ。しかし、最新の製品はそうした点もかなり改善されています。

MotoGPでも使用されているエアバッグシステム

 バイク用エアバッグというと、安全性は高くても、高価で重くて着るのが大変など、マイナスの印象が強いと思います。

 そのせいか、ツーリングなど一般道を走るライダーが着用している光景はあまり見かけないのが現実です。

DAINESE(ダイネーゼ)製エアバッグシステム『D-air』が搭載されたヴァレンティーノ・ロッシのレザースーツ

 しかし、2018年からロードレース世界選手権(MotoGP)ではエアバッグの着用が義務化され、2020年からは全日本ロードレース選手権でも18歳以下のライダーへの着用を義務化することが発表されるなど、レースの世界ではエアバッグを着用しているライダーの姿を見かける機会が増えてきました。 

 しかもロードレースのトップライダーたちが着用しているエアバッグのデザインはかなりスマートで、少し前に主流となっていたツナギの上にベスト型のエアバッグを羽織り、マシンとライダーをコードで繋ぐという形式ではなく、着用していることを感じさせないレベルのものがほとんどです。

 MotoGPでエアバッグの開発をおこない、公道用エアバッグにその技術をフィードバックし続けているDAINESE(ダイネーゼ)のエアバッグを扱うユーロギアの勝川代表は、最新の製品について次のように話します。

「ダイネーゼから販売されているワイアレス式エアバッグ『D-air』の開発は2000年から始まっていまして、実際にMotoGPで使われたのは2011年からでした。

 そこからどんどん進化した、最新のモデルが一般公道用のベスト型『スマートジャケット』です。

 このD-airはバイク専用という訳ではなく、あくまでモジュールで、人の動きとか体のアルゴリズムを記録することによって、スキーや造船関係、老人保護などいろいろな安全支援に転用することができるシステムとなっています」。

※ ※ ※

『D-air』は、ワイヤーでバイクとライダーをつなぎ、転倒時にワイヤーが強く引っ張られることで作動する従来のエアバッグとは異なり、複雑なアルゴリズムが危険な状況を自動的に認識し、必要な場合は瞬時にエアバッグを展開する最新型です。

 命を守るための装備は大切ですが、着心地や手軽さがネックとなってバイク用エアバッグを導入していないという人は、是非1度試着してみてはいかがでしょうか。

【了】

【画像】これが最新!バイク用エアバックを見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事