Sinnis「Terrain」2020年モデル登場 イングランド発の原付二種アドベンチャーモデル

小排気量バイクを中心に製造・販売するイングランドのメーカー「Sinnis Motorcycles」は、原付二種で乗れるアドベンチャーモデル「Terrain」の2020年モデルを発売しました。どのような特徴があるのでしょうか。

希少な原付二種アドベンチャー

 イングランドのバイクブランド「Sinnis Motorcycles」は、排気量125ccの4ストローク単気筒エンジンを搭載したアドベンチャーモデル「Terrain」を発売しました。

イングランドのバイクブランド「Sinnis」が販売するアドベンチャーモデル「Terrain」

 小排気量エンジンを搭載したオフロード車やモタード、カフェレーサー、クルーザー、スクーターなどを製図するSinnisが発売したTerrainは、原付二種免許で乗ることが出来るアドベンチャーモデルです。

 最高出力11.2hpを発揮する低燃費エンジンを搭載する同モデルでは、倒立式フロントフォークやキャストホイール、66.5リットルの大容量ケースを備えることで、走行性と利便性をバランス良く向上。荒れた路面などでの転倒に備え、エンジンガードやクラッシュバーなども標準装備されています。

 現状、日本市場へは導入されていないSinnis「Terrain」の価格は2589ポンド(日本円で約34万円程度)、シート高はスズキ「Vストローム250」と同じ800mmに設定されています。

 近年、盛り上がりを見せている原付二種モデルのなかでも希少なアドベンチャーモデルだけに、日本への導入に期待したいところです。

【了】

【画像】希少な原付二種アドベンチャーSinnis「Terrain」の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事