カワサキ「Ninja ZX-25R」発売日は9月10日! 価格は82万5000円から

カワサキは新開発のエンジンを搭載したスーパースポーツ「Ninja ZX-25R」を日本へ導入します。気になる価格やスペックはどの程度なのでしょうか。

ついに日本市場に導入

 カワサキは新開発の4気筒250ccエンジンを搭載した新型車「Ninja ZX-25R」を2020年9月10日に発売します。

遂に日本に導入される「Ninja ZX-25R」

 2019年の東京モーターショーで発表されて以来、多くの関心を集めてきたNinja ZX-25Rは、クラス唯一(※カワサキ調べ/2020年3月時点)の4気筒250ccエンジンを搭載したスーパースポーモデルです。

 新設計のエンジンは、かつてカワサキが販売していたZXR250よりボアを広げ、ショートストローク化(50.0mm×31.8mm)することで、低回転から高回転までスムースな吹け上がりを実現。
 
 最高出力を45PS/1万5500RPM・ラムエア加圧時46PS(インドネシア仕様は50PS/ラムエア加圧時は51馬力)に設定したうえで入念なサウンドチューニングを施し、官能的なエキゾーストサウンドを実現しています。

「Ninja ZX」を名乗るに相応しい性能とスタイリング

 スーパーバイク世界選手権で使用されているマシンのシャーシ設計思想を受け継いだNinja ZX-25Rでは、エンジンと共に新設計したトレリスフレームを採用。湾曲型のスイングアームやハイグレードなサスペンションを併せて採用することで優れたハンドリングとされています。

遂に日本に導入される「Ninja ZX-25R SE」(写真はシングルシートカバーキット装着車)

 250ccクラスでもトップクラスの性能とされたNinja ZX-25Rでは、「Ninja ZX」シリーズらしいアグレッシブなスタイリングを採用。フロントカウル中央に備えられたラムエアシステムにより、高性能なモデルであることを強調しています。

 なお、Ninja ZX-25Rの価格(消費税込)は82万5000円、KQS(カワサキクイックシフター)、USB電源ソケット、ウインドシールド(スモーク)、フレームスライダー、ホイールリムテープを備えたNinja ZX-25R SEは91万3000円となっています。

【了】

【画像】カワサキ「Ninja ZX-25R」を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事