大ヒットのカワサキ「Ninja ZX-25R」 生産国のインドネシアでも爆発的人気!

カワサキは新開発の4気筒250ccエンジンを搭載した新型車「Ninja ZX-25R」を2020年9月10日に発売しました。日本はもとより、生産国の一つであるインドネシアでも堅調な販売推移をみせているようです。

生産国でも絶大な人気

 2020年9月にカワサキが日本市場で発売した新型車「Ninja ZX-25R」は、現在の市場では貴重な存在である4気筒250ccエンジンを搭載したスーパースポーツモデルです。

生産国の一つであるインドネシアでも堅調なセールスを記録しているカワサキ「Ninja ZX-25R」

 予約を開始した7月からわずか2ヶ月で、年間販売台数である5000台(販売店からの予約も含む)に到達するなど、大きな成功を収めましたが、カワサキの担当者は生産国の一つであるインドネシアでのセールスについて次のように話ます。

「生産国であるインドネシアでは、日本に負けず劣らず、かなりの台数が販売されています。具体的な台数についてはまだ集計できていませんが、国内市場と同等の数が見込まれます。

 インドネシア市場に導入されている他の250ccモデルにくらべ高い金額に設定されていますが、その影響もあまり無いように感じられます。

カワサキ「Ninja ZX-25R」。インドネシア市場ではブルーのボディーカラーも用意されています

 また、日本のユーザーの方はこうしたスポーツバイクに対して慣れているので今回のような素早い反応はある程度、馴染みの少ないインドネシア市場でこうした反応は有り難いですね。

 ちなみに、昨今ですとありがたいことに導入していないヨーロッパ圏のユーザーからも問い合わせをいただくこともあります。

 いずれにせよ、インドネシアは若い世代の人口も多いので、1年後、2年後の販売推移にも期待したいですね」。

※ ※ ※

 カワサキのほか、様々なメーカーからカスタムパーツも販売されるなど、アフターマーケットも充実してきているNinja ZX-25R。攻めの姿勢を貫くカワサキが今後どのような動きを見せてくれるのか期待が掛かります。

※カワサキ「Ninja ZX-25R」日本仕様車の生産国はタイとなっています。

【了】

【画像】爆発的人気! カワサキ「ZX-25R」の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事