カワサキ「Ninja ZX-25R」単一車種レースに先駆けデモレースを開催

カワサキモータースジャパンは、2020年10月31日、11月1日にかけて開催される「2020 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦 第52回MFJグランプリスーパーバイクレースin鈴鹿」内において、来年度より開催予定の「Ninja ZX-25Rワンメイクレース(仮称)」のデモレースを開催します。

若年ユーザー層や初心者層に新たな楽しみを提供

 カワサキモータースジャパンは、2020年10月31日、11月1日にかけて開催される「2020 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦 第52回MFJグランプリスーパーバイクレースin鈴鹿」内において、来年度より開催予定の「Ninja ZX-25Rワンメイクレース(仮称)」のデモレースを開催します。

カワサキ「Ninja ZX-25R」レースイメージ車両

 2020年7月より予約を開始し、9月に発売され好調なセールスを記録しているNinja ZX-25Rは、4気筒250ccエンジンを搭載した希少なスーパースポーツモデルです。

 カワサキが2021年度より開催予定のワンメイクレース(単一車種によるレース)は、これまでモータースポーツに縁のなかった若年ユーザー層や初心者層に対し、新しいライフスタイルの一つとして、「サーキット」を走行する機会を提供し、モータースポーツ文化を創出することを目的に行われるものです。

 なお、カワサキの発表によると、ワンメイクレース参加者は、RS-TAICHI社とのコラボレーションによる特別仕様のレーシングスーツ着用(グローブ、ブーツは規定なし)が必須となるようですが、カワサキの積極的な取り組みが市場にどのような影響を与えるのか期待がかかります。

【了】

【画像】カワサキ「Ninja ZX-25R」レースイメージ車両を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事