ヤマハ「アクシスZ」2021年モデル登場 リーズナブルな価格設定の原付二種スクーターに上質な新色登場

ヤマハは、コンパクトで扱いやすい車格と低価格を実現した原付二種スクーター「AXIS Z(アクシス ゼット)」の2021年モデルを発売します。新型モデルでは上質な雰囲気を醸し出す新色「マットグリーン」が追加されました。

リーズナブルでも上質な新色を追加

 ヤマハは、コンパクトで扱いやすい車格と低価格を実現した原付二種スクーター「AXIS Z(アクシス ゼット)」の2021年モデルを2021年2月5日に発売します。

ヤマハ「アクシスZ」2021年モデル(マットグリーン)

 優れた走行性と“環境性能を融合した“BLUE CORE(ブルーコア)”エンジンをコンパクトなボディに搭載した原付二種アクシスZは、ヤマハ製125ccスクータートップとなる低燃費54.6km/L(WMTCモード値)や扱いやすい軽量ボディ、大容量約37.5Lのシート下トランク(ジェット型ヘルメット2個収納可能)など、実用性と快適な乗り心地を兼ね備えたモデルで、通勤など日常の移動手段として幅広い層に支持されています。

 2021年モデルでは、従来カラーのブラック/ホワイト/マットダークグレー/パープルに加え、上質で通勤などの日常の移動に適した落ち着いた雰囲気のカラーリング「マットグリーン」を新たに追加。ライフスタイルに合わせて選べる全5色設定としています。

 なお、ヤマハモーター台湾で製造されるアクシスZの2021年モデルの価格(消費税込)は24万7500円で、販売計画は8000台(年間、国内)となっています。

【了】

【画像】カラフルな5色展開! ヤマハ「アクシスZ」2021年モデルの画像を見る(20枚)

画像ギャラリー

最新記事