「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」劇用バイク プジョーモトシクル「ジャンゴ 125 ABS DX」限定販売

フランスのバイクブランド「プジョーモトシクル」の製品を輸入・販売するaideaは、原付二種スクーター「DJANGO(ジャンゴ)125」の特別仕様車「ジャンゴ 125 ABS DX」の先行販売を開始しました。どのような特徴があるのでしょうか。

マットな外装色で高級感を演出

 フランスのバイクブランド「プジョーモトシクル」の製品を輸入・販売するaideaは、原付二種スクーター「DJANGO(ジャンゴ)125」の特別仕様車「ジャンゴ 125 ABS DX」の先行販売を2021年1月20日より開始しました。

プジョーモトシクルの特別仕様車「ジャンゴ 125 ABS DX」。限定25台の希少なモデルとなっています

 原付モデルから軽二輪モデルまで様々なバリエーションを誇るジャンゴ・シリーズは、1950 年代の「S55」を現代に復刻させたネオレトロスクーターで、豊かで流麗なボディラインによるクラシカルなスタイルながらも現代的な装備を採用しています。

 特別仕様車として登場した最新モデル「ジャンゴ 125 ABS DX」は、1月12日よりスタートしたTBS 系 火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の劇用バイクとして採用されたモデルで、外装色には欧州メーカーの高級車を中心に人気の高い艶消しグレーを採用。

 ブラウンのシートやブラックで統一した足回りを併せて採用することで、ジャンゴの流麗なスタイルをさらに強調する仕様となっています。

 1月20日より全国で8店舗が展開された「プジョーモトシクル プレミアムディーラー」で先行発売された限定25台のジャンゴ 125 ABS DXの価格(消費税込)は42万1300円で、2月20日からはプジョーモトシクル 正規販売店全店でも販売されます。

【了】

【画像】『ボス恋』の劇用バイク! プジョーモトシクル「ジャンゴ 125 ABS DX」の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事