ヤマハ「MT-03 ABS」「MT-25 ABS」2021年モデルを発表! 個性を主張するカラーリングへアップデート

ヤマハはロードスポーツモデル「MT-03 ABS」および「MT-25 ABS」のカラーリングとグラフィックを変更し、2021年モデルとして2021年4月28日に発売します。

個性を主張するカラーリング

 MT-03 ABS、MT-25 ABSは、シャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りを兼ね備える「MTシリーズ」のエントリーモデルとして、若年層を中心に高い人気を得るモデルです。

ヤマハ「MT-03」2021年モデル(パステルダークグレー)

 2021年モデルでは、パステルダークグレー、ディープパーブリッシュブルーメタリックC、マットダークグレーメタリック8の3色を設定。

 パステルダークグレーは、鮮やかなバーミリオンのホイールとエアスクープに配されたシアンのグラフィックで、MTシリーズのアグレッシブなスタイリングが演出されています。

ヤマハ「MT-25」2021年モデル(ディープパーブリッシュブルーメタリックC)

 ディープパーブリッシュブルーメタリックCにおいては、フロントフェンダーやエアスクープにマットグレーが組み合わせられ、スーパースポーツモデルを彷彿させるデザインとなりました。

 また、マットダークグレーメタリック8は、ダークトーンのローコントラストで、シリアスな走りを予感させるカラーリングとなっています。

 価格(消費税込)は、MT-03 ABSが65万4500円、MT-25 ABSが62万1500円で、製造は、グループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)で行われます。

【了】

【画像】ヤマハ「MT-25/MT-03」2021年モデルの画像を見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事