バイクを高く売るコツとは? 時期や注意点を徹底解説

乗らなくなったバイクを売りたいと考えた際に、どのようにすれば高く売れるのかは気になるところです。そのため、売るのに最適な時期や、高く売るための注意点を事前に知っておいて損はないでしょう。今は、バイクを売る予定がなかったとしても普段から気をつけておくことで高額買取につながる可能性もあります。

バイクを高く売るコツとは?

 乗らなくなったバイクを売る際に、少しでも高く売りたいと考える人は多いでしょう。まず、バイクを高く売るコツとしては、高額査定をしてもらえる売却方法を選ぶことが最優先になります。売却先としては、「個人売買」・「下取り」・「買取業者」の利用が考えられます。

大切な愛車を少しでも高くバイクを売る方法

「個人売買」に関しては、業者の仲介手数料がないので、同じ車種の市場中古車販売価格に近い値段で売れることが期待できる反面、名義変更や購入後の故障によるクレームなどのトラブルも、自身で全て対応しなければならない手間がかかるというデメリットがあります。逆に、「下取り」は、新しいバイクの購入価格を減額でき、売却と購入の手続きが同時にできるメリットがありますが、高い査定が出にくいというデメリットがあります。

 最近は、「バイク買取業者」の利用も増えてきて、ネットを通じて一括査定してもらうことで簡単に多くの会社へ査定依頼を出すこともできるようになりましたが、買取業者の数が多く特徴もそれぞれ違うので、どこを選べば良いかの判断が難しく、一度登録すると買取業者からしつこく営業の電話がかかってくることもあります。

 そんな、業者選びのコツとしては、買取だけでなく実店舗やウェブで販売店を持っているところの方が、自社で価格設定をして販売するため、買取後にバイクオークション(競り)に出品するだけの業者よりも、許容できるギリギリまでの買値をつけてくれるというメリットがあります。

 売るバイクの状態としては、カスタム車両より純正状態が理想ですが、カスタムしていたとしても純正部品があることを伝えるなどして、売却価格に差がないようであれば、パーツは外して別で売却したほうがパーツ単体で高額査定される場合もあります。

カスタムしても純正部品を持っていることで査定が上がる可能性があります

 また、バイクを高く売るには日頃のメンテナンスも重要で、カスタムをしても売却時に純正に戻せるよう「純正部品は必ず保管しておく」ことや、屋根付き車庫の利用やシートカバーを用いて「ボディの状態を保つ保管方法」を常に行っておくことと、バイクの良好な状態を保つための「こまめな洗車」や「エンジンの始動や各部の注油などのメンテナンス」も忘れてはいけません。

 ほかにも、故障や修理の実績はメモに残しておくと、売却時に査定員へ正確なバイクの状況を伝えられ、愛着を知らせることにもつながります。

【画像】バイクを高く査定する方法を見る(5枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事