バイクを高く売るコツとは? 時期や注意点を徹底解説

高く売れる時期や売る際の注意点とは

 バイクを高く売れる時期としては、新生活が始まる春から夏にかけてが理想的な売却の季節となり、ゴールデンウィークや夏休みなど大型連休も重なり、免許取得者も増えてバイク需要が高まるので、バイク販売店も在庫を求めている状況が続きます。

「車検」や「自賠責保険」などの有効期限や残り期間も査定に影響があります

 また、季節だけでなく時期も大切で、「年式」・「走行距離」は状態の良好さを見られる基準のひとつとして重要になりますが、「車検」や「自賠責保険」などの有効期限や残り期間、タイヤなどの「消耗品の交換時期」もよく考えておくことが大切です。

 次の購入者が少しでも長く乗れる状態であれば査定にプラス要素となります。年払いになる「軽自動車税」も、3月末に売るか4月初旬に売るかでは、数日の差で年間の税金を自身が払うことになりますので注意が必要です。

 ほかにも、「モデルチェンジする前に売る」というのも重要で、モデルチェンジ後には買い替えにより中古市場へ旧モデル流通の影響で価格が下がることもあります。このように、季節やタイミングによって、車両の査定へ影響が起き、さらに税金面での損得もあるということを覚えておくと良いでしょう。

 バイクを売る際の注意点としては、正しく査定してもらうために「洗車」は査定前に必ず行うということと、「タンクの凹みなどはそのままにしておく」方が、修理代と査定額を天秤にかけてもマイナスが少なくなることが多く、その理由も含めた「事故歴や修理歴」についてはこちらから伝えることで、心証が良くなるだけでなく、正確なバイクの状態を知ってもらうことができるでしょう。

 買取業者を利用するときは、買取先によって趣向が違うために、必ず複数から見積もりを取るようにします。査定のときに業者の示す「相場」は、全国的に定まった指標ではなく、自社の在庫状況や販売データ、また流通量などの独自基準で判断して伝える価格ですので、会社により異なるため他社との比較は欠かさないようにしましょう。

 そして、1番大事なのは「冷やかしではなくすぐにでも売るよ」という気持ちを見せることで、相手にここで決めないと他社に決められてしまうかも、という不安をもたせ、逆にこちらから仕掛けるような形で高額買取してもらえるような交渉をしようと言う気持ちで挑むことは大切でしょう。

 普段の保管方法やメンテナンスに注意しておき、売却時には本格的なシーズンに入る前から行動して、税金などに無駄なく高額査定を得られるように、多くの見積もりを取って比較してください。

※ ※ ※

 バイクの買取業者は、不動車や車検切れでも買取はしてくれますので、もし動かないバイクがあって処分に困るときにも利用してみてください。バイクをすぐに売らないとしても、普段からの愛着がそのまま先の売却査定に影響すると考えて保管方法の見直しや、長く乗るためのメンテナンスをこまめに行っておきましょう。

【了】

【画像】バイクを高く査定する方法を見る(5枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事