CEVライダー 石塚健のレースレポート「実力を発揮できる環境作りの大切さを改めて思い知らされた第2戦」

MotoGPライダーを目指してCEVレプソルインターナショナル選手権に参戦するレーシングライダー石塚健選手のレースレポート第2回目は、スペインにあるバレンシアサーキットでおこなわれた第2戦について。今回も、マシントラブルに泣かされる、苦しいレースとなったようです。

原因不明のトラブルに苦しめられた第2戦

 皆さんこんにちは! レーシングライダーの石塚健です。CEV REPSOLインターナショナル選手権の開幕戦、そして2021年5月8・9日におこなわれた第2戦を終え、約1か月のヨーロッパ滞在から、無事に日本へ帰国しました。
 
 ポルトガルでおこなわれた開幕戦の後は、チームの本拠地である、スペインの首都マドリードに移動し、マドリードの中心部にあるアパートで第2戦へ向けての準備をおこないました。

昨シーズンに引き続き、FIM CEV REPSOL Moto2 ヨーロピアンチャンピオンシップに参戦するレーシングライダーの石塚健(いしづか たけし)選手

 食事は基本、朝と夜は自炊をし、お昼はレストランやファーストフード店などに行くことが多かったです。
 
 アパートの近くにスーパーがたくさんあり、日本食レストランなどもあったので、食べるものに困ることはありませんでした。
 
 日中はトレーニングをしなければならないので、アパートの近くにあったジムに行き、入会手続きをしようとしたら、ヨーロピアンバンク(ヨーロッパの銀行口座)がないと入会できないといわれてしまい、仕方なく断念。部屋でできるトレーニングと、ランニングを毎日おこなう日々となりました。
 
 他には、カフェでPC作業をしたり、地下鉄で少し離れた駅まで行ってみたりと、滅多にできない経験を楽しみつつ、充実した日々を送れたと思います。

昨シーズンに引き続き、FIM CEV REPSOL Moto2 ヨーロピアンチャンピオンシップに参戦するレーシングライダーの石塚健(いしづか たけし)選手とチームクルー。第2戦バレンシアラウンドでは原因不明の様々なトラブルに悩まされました

 さて、その後に行われた、CEV第2戦バレンシアラウンドですが、レース結果は12位でした。
 
 木曜、金曜とフリープラクティスがおこなわれ、ペース自体は悪くはなかったものの、度々クラッチ系のトラブルが発生。中々エンジンがかからないという症状により、どんどん走行時間が減らされていきました。
 
 そのため、限られた走行時間のなかでのマシンチェックに時間がかかり、タイムアップをすることが出来ず、不安を残したまま予選に臨む事になります。
 
 予選では、前日の走行後にクラッチを交換したため、数周マシンの様子を見てからアタックに入りましたが、タイムを出さなければならないアタックラップに、マシンのリア周りから異音があり、少し恐怖を感じながらもアタックし続け、なんとかウィーク中のベストタイムを更新。
 
 Q2(2回目の予選)までにはマシンの異音は解消されるも、気温や路面温度が上昇したことで、Q1のタイムを更新することができず、結果は15番手となりました。
 
 予選後は、様々なトラブルが発生したエンジンを、チームの判断で載せ替え、レースを走るという決断となります。
 
 そして他のチームからエンジンを借り、レース当日のウォームアップ走行で問題がないことを確認し、決勝レースに挑んだのですが、またもやトラブルが発生。
 
 コーナーの立ち上がりで加速をしていくためにアクセルをあけても、パワーがまったく付いてきませんでした。
 
 ウォームアップの時は雨が降っていたので、路面の状態が違い、トラブルが出なかっただけだったようです。
 
 レース序盤に他ライダーの転倒で赤旗中断となったので、自分にとってはマシンをチェックできる時間ができたのですが、メカニックにデータを見てもらっても「何も問題が見当たらない。すまないが今回はこのまま行くしかない」との回答。
 
 それでも「いや、絶対に何かがおかしい、マシンをチェックしてくれ!」と必死に伝えましたが、すぐにレース再開のアナウンスが入ってしまいます。
 
 マシンは、戦うには厳しい状態でしたが、考えている時間はありません。気持ちを切り替えて、ひとつでも上を目指すことを決め、アクセル操作とパワーの出力がまったく合わないマシンで、最終的に12位でチェッカーを受けました。

マシン不調の原因はまさかの初歩的ミス

 レース後、メカニックにトラブルの解明をしてもらったところ、エキゾースト管の1本が抜けかけていたという初歩的なミスが判明し、データを何度見ても分からないのは当然でした。
 
 今後のレースで同じことが無いよう、そして最大限に力を発揮できるよう、より良いチームの環境作りをし、自分自身も更に強さと速さを身につけられるよう努力していきたいと思います。
 
 苦しいレースが続きましたが、必ず結果を残せると信じ、いままで以上に頑張っていきます!
 
 応援ありがとうございました。次戦もよろしくお願いします!

【了】

【画像】FIM CEV REPSOL Moto2 ヨーロピアンチャンピオンシップに参戦する石塚健選手の画像を見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事