現役プロレスラー「SUSHI」のヘルメット選び パッドの変更でフィット感を調整!

Aloha Happy Friday! また延長になった緊急事態宣言。ほんま飽き飽きしております。早く落ち着いてみんなでツーリング行きたいわ~! とにかく、みんな安全に過ごせること。今はそれが一番。マスク着用と手洗い、うがい、徹底していて乗り切りましょうね!

好みのフィット感を得るため、内装パーツを変更

 オージーケーカブトさんでヘルメットのフィッティングが進んでくおすしさん(プロレスラーのSUSHI選手)。Kabutoのオープンフェイスモデル「EXCEED」が自分の頭にきっちり合うようにスペシャリスト倉八さんが動きはじめた!

 使い捨てのメジャーでサイズを測り、XLやと思ってたおすしさんはLサイズがかぶれる! とびっくりした先週。

数あるオージーケーカブトの製品の中からオープンフェイスモデル「EXCEED」を選択したプロレスラーのSUSHI選手(おすしさん)

おすしさん「倉八さん、僕、頭大きいから今までXLやないと無理やろなって思ってたんですけど、Lで本当に良いですか?」

倉八さん「レーシングモデルになると内装をきっちりツメ気味に作っているのでXLになると思いますが、EXCEEDならおすしさんの頭やとLで全然大丈夫です! あとでパッド類のさらなるフィッティングはみていきますが」。

おすしさん「そうなんですね? サーキットデビューするときはもっとキツイのにしないとなんですね」。

柿山さん「まずはこれで大型取りに行ってもらって、次はレーシング系ですね!」

おすしさん「編集長、これで僕は準備万端! いつでも行けます~!」

 現場にいない編集長に訴えていた(笑)。せやな、春に取りに行く予定が緊急事態で全てが後ろ倒しになってるもんなぁ。教習所も混んでるし。試験場もめっちゃ順番みたいやもんなぁ。おすしさん、いつになったら取れるんやろ……(クリスの心の呟き)
 
倉八さん「しっかりサイズ調整してバッチリ行けるように頑張りますね!」

おすしさん「お願いします!」

倉八さん「では、デザインは後から決めるとして、Lサイズでフィッティングしていきましょう。座っていただいて、まずはノーマル状態のヘルメットを被ってみてください。」

おすしさん「かぶる時、ベルトのとこ持ったら被りやすいんですよね!?」

かぶりやすい形状に設計されたオージーケーカブトの製品。ワンタッチで脱着できるバックルも特徴的です(写真は最新モデル“SHUMA”)

柿山さん「Kabutoの特徴なんですが、ヘルメットをかぶりやすいようあごあたりのシェル部分左右にえぐったデザインを入れてるんですよ!」

おすしさん「バックルをとめる時も外す時もカチってシートベルトみたいで楽ですもんね!」

倉八さん「おすしさん、被ってみていかがですか? キツくないですか? ほっぺの部分とか、キツくないですか?」

おすしさん「ピッタリです!」

倉八さん「しゃべりづらいとかないですか?」

おすしさん「口のお肉がちょっとタイトですかね。。。喋れないことはないですけど」。

フィット感を調整するためチークパッドをオプションの20mmに変更。ワンタッチで取替可能です

倉八さん「そしたら一回脱いでいただいて、頬のパッドを少し薄目のにしてみますね。柿山さん、チークパッドをオプションの20mmでいきますのでそれお願いします」。

 倉八さんと柿山さんのナイスな連携プレーでヘルメットはあっという間に裸ん坊になり、ささっとパッドが交換されていく。。。

倉八さん「これでいけると思うのでもう一度被っていただいて良いですか?」

おすしさん「はい! さっきより断然、口が動きやすいです!」

倉八さん「ちょっとだけのことなんですが、こうして僕たちがみさせて頂くことで快適性がより良くなったら!」

 やっぱり来てよかった! 自分のフィッティングがめっちゃ楽しみやし!

倉八さん「念のためにサイズ感をもう一度見たいのでちょっと失礼します。手を前で組んでいただいて、後頭部に回してぎゅーっと前に押していただいて良いですか?」

 すると倉八さんがおでこの部分に指を入れて確認

フィッティング後の最終確認。手を前で組んでヘルメットの後頭部に回し、前に押して空いたスペースに指一本はいる程度が目安となっています

倉八さん「指が一本、ちょうど眉毛の上に入る感じなんでバッチリですね。では、横もいきましょう。ぎゅーっと片方を押していただいて良いですか?」

指一本。これがベストサイズなんですね!
 
倉八さん「OKです! これでおすしさんのフィッティング完成です! あとはカタログとディスプレイ見ていただいて欲しいグラフィックをじっくり選んでください!」

おすしさん「こんな早くフィッティングできるんですね!びっくりしました!ホント、ありがとうございます!」

柿山さん「クリスさんがフィッティングしている間に色々見てください! ではクリスさん、やりますか!」

クリスさん「はい!めっちゃ楽しみです!よろしくお願いします!」

倉八さん「もう決まってます?」

フィッティングを担当してくれたオージーケーカブトの倉八さん

クリスさん「はい。迷ってるんですけど、RYUKIと、AEROBLADEで。。。」

柿山さん「とりあえず両方サイズ計りましょうか! まずはどっちがいいですかね?」

倉八さん「XSがある方から。。。ちょっと見てきますね!」

 そう、クリスさんの頭はめっちゃ小さくて。ん? 誰が脳みそも少ないて!? やかましわ~~~! 良が少ないんやなくてシワが少ないねん! ってなんでやねん! 来週へ続く。Stay safe!!!

【了】

【画像】SUSHI選手のヘルメット・フィッティングを画像で見る(7枚)

画像ギャラリー

Writer: クリステル・チアリ

父はギタリストのクロード・チアリ。19歳でKiss Fmのサウンドクルーとしてデビュー。その後バラエティーやMC、ナレーションなど幅広く活躍。
NHK教育テレビ『英語であそぼ』4代目おねぇさんに抜擢され生まれ育った関西から東京へ進出。『英語であそぼ』がきっかけで、全国の鉄道の英語車内アナウンスを担当することに。
声優、歌手、スポーツMC、幼児教育の先生やセラピストとしても近年全国を飛び回る。
元気印が取り柄のクリスさん、配信アプリ17ライブで毎晩22:30〜0:30みなさまからのリクエストを生でこたえてくれます!

最新記事