SBK6連覇を達成したJ・レイが二輪免許取得! 「カワサキのどのモデルが自分にぴったりなのか近い将来発表したい」

スーパーバイク世界選手権6連覇中のライダー、ジョナサン・レイ選手(カワサキ・レーシング・チーム/KRT)が英国の二輪試験に合格し二輪免許を取得しました。二輪免許を取得したJ・レイ選手はどのような心境なのでしょうか。

絶対王者が公道デビュー

 スーパーバイク世界選手権6連覇中のライダー、ジョナサン・レイ選手(カワサキ・レーシング・チーム/KRT)が英国の二輪試験に合格し二輪免許を取得しました。

二輪免許を取得したジョナサン・レイ選手(カワサキ・レーシング・チーム/KRT)とインストラクターのスティーブン・ミルズ氏(左)

 2015年にカワサキに移籍して以来、Ninja ZX-10RRを駆り6年連続で世界チャンピオンを獲得し、2019年の鈴鹿8時間耐久ロードレースでも勝利を勝ち取るなど華々しい成績を残しているJ・レイ選手は、2021年で34歳を迎えたイギリス・北アイルランド出身のロードレース・ライダーです。

 国内外問わず、幼少期からレースへ携わり、現役のプロライダーとして活躍している選手の場合、二輪免許を持っていないことは決して珍しくはありませんが、J・レイ選手は義務教育の基礎訓練(CBT)と二輪試験にいずれも1回目の受験で合格。

Ninja ZX-10RRでレースに挑むジョナサン・レイ選手(カワサキ・レーシング・チーム/KRT)

 モト・トレーニング社のスティーブン・ミルズ氏と1対1でトレーニングを受け、カワサキが認定するKRTSトレーニングスクールの一環としてモト・トレーニング社が提供するカワサキZ650を使用して、プライベートトレーニングエリアや公道での新しいスキルやライディング方法を学びました。

 二輪免許を取得したJ・レイ選手は次のようにコメントしています。

「オートバイの試験に合格できたことをとてもうれしく、誇りに思います。ずっと前からやりたいと思っていたことでしたが、スポーツ活動や多忙なスケジュールの中で、なかなか実現できませんでした。

 パンデミックによる閉鎖期間を利用して、英国道路交通法などの理論資料をすべて勉強しました。

 私の優先順位は、私が安心できるインストラクターに手を差し伸べることでしたが、北アイルランドのモト・トレーニング社のスティーブン・ミルズ氏を見つけました。彼はサーキットでの走行とはまったく異なる路上でのバイクの乗り方をすべて教えてくれました。

スーパーバイク世界選手権6連覇中のジョナサン・レイ選手(カワサキ・レーシング・チーム/KRT)

 公道は環境がコントロールされていないため、より注意を払わなければならず、私自身も新しいスキルやテクニックを学ぶことができました。このトレーニングのおかげで、オートバイの運転が上手になっただけでなく、車を運転するときの意識も高まりました。

 これからは、カワサキのどのモデルが自分にぴったりなのか、自分のライディングニーズに合っているのかを決める楽しみがあります。自分のライフスタイルに合ったものが何かを確信しているので、近い将来、その選択を発表するつもりです」。

※ ※ ※

なお、J・レイ選手のトレーニングの様子は、YouTubeの公式チャンネルで見ることができます。

【画像】二輪免許を取得したジョナサン・レイ選手の画像を見る(14枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事