ヤマハの中須賀克行選手が通算10度目のチャンピオン獲得 残り2大会でシーズン全勝を目指す

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」から「YZF-R1」で全日本ロードレース選手権に参戦する中須賀克行選手は、2021年7月18日に三重県の鈴鹿サーキットで開催された第53回MFJグランプリのレース1・レース2で連勝し、国内最高峰JSB1000で通算10度目のチャンピオンを獲得しました。これまでの中須賀選手の戦歴を改めて振り返ってみましょう。

数々の功績を残してきた中須賀克行選手

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」から「YZF-R1」で全日本ロードレース選手権に参戦する中須賀克行選手は、2021年7月18日に三重県の鈴鹿サーキットで開催された第53回MFJグランプリのレース1・レース2で連勝し、国内最高峰JSB1000で通算10度目のチャンピオンを獲得しました。

国内最高峰JSB1000で通算10度目のチャンピオンを獲得した中須賀克行選手とチームクルー

 中須賀選手は2005年にJSB1000への参戦を開始して以来、自身の記録を更新しながら10度のチャンピオンを獲得し、2012年から2016年の5連覇、通算60勝など数々の記録を打ち立ててきました。

 2005年、「SP忠男レーシングチーム」からJSB1000に参戦を開始した中須賀選手は、2006年からヤマハトップチームの「YSP Racing Team sponsored by PRESTO Corporation」に加入、2007年の第4戦オートポリスで初優勝を遂げると着々と力をつけ、翌2008年に初のチャンピオンを獲得し2009年には連覇を達成しています。

 その後、2012・2013年に再び連覇を達成し、2014年にはヤマハライダーである平忠彦選手、藤原儀彦選手に並ぶ全日本ロードレースの最高峰クラス3連覇を達成しました。

復活した「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のエースライダーとしてさらなる活躍を見せる中須賀選手

 2015年からは「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の復活を受け、エースライダーとして新型「YZF-R1」を駆り4連覇。2016年には5連覇という金字塔を打ち立てています。

 また、2018年には自己最高となる年間8勝をあげて8度目のチャンピオンに輝くと、2019年には第7戦オートポリスのレース1で通算50勝を達成するなど6勝をあげて9度目のチャンピオンに。

 2020年は転倒・負傷など不運が重なりランキング7位となったものの、2021年は開幕戦、ツインリンクもてぎでのレース1で優勝すると、第3戦SUGOのレース1の中止を挟んで5連勝。

ヤマハのロードレース世界選手権参戦60周年を記念し、白と赤のカラーリングを施した「YZF-R1」で参戦

 MFJグランプリでは、ヤマハのロードレース世界選手権参戦60周年を記念し、白と赤のカラーリングを施した「YZF-R1」で参戦。レース1、レース2で連勝し自己通算60勝を達成するとともに、10度目となるチャンピオンを達成しました。

 なお、中須賀選手は開幕から7連勝中で、残り2大会では、自己最高となる年間10勝とシーズン全勝を目指すといいます。

【了】

【画像】特別なカラーリングの「YZF-R1」で挑む中須賀克行選手の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事