カワサキ「Z250」2022年モデル発売 軽量で力強い軽二輪ネイキッドの最新モデル登場

カワサキは軽量で扱いやすい軽二輪ネイキッド「Z250」の2022年モデルを発売します。最新型では新しいグラフィックとカラーリングを採用し、2021年モデルとは異なるイメージとされています。

軽量で扱いやすいZシリーズの人気者

 カワサキは軽量で扱いやすい軽二輪ネイキッド「Z250」の2022年モデルを2021年9月10日に発売します。

カワサキの軽二輪ネイキッド「Z250」2022年モデル(メタリックスパークブラック×メタリックマットグラフェンスチールグレー)

 スーパーネイキッド「Z」シリーズならではの「Sugomi」デザインを踏襲したZ250は、最高出力27kW(37PS)/12,500rpm、最大トルク23N・m(2.3kgf・m)/10,500rpmを発揮する排気量248cc水冷並列2気筒エンジンを搭載したモデルです。

 軽量でスリムなシャーシを採用することで優れた安定性と軽快で自然なハンドリンを実現したZ250は、ビギナーからベテランまで、幅広い層のライダーをカバーする車両となっています。

 最新型となる2022年モデルではカワサキのイメージカラーであるグリーンを差し色に用いたメタリックスパークブラック×メタリックマットグラフェンスチールグレーの外装色を採用。

カワサキの軽二輪ネイキッド「Z250」2021年モデル(パールナイトシェードティール×メタリックフラットスパークブラック)

 外装類の変更はないものの、2021年モデルとは異なるイメージを表現しています。

 川崎重工業株式会社の海外工場Kawasaki Motors Enterprise(Thailand)Co.,Ltd.(KMT)で生産されるZ250最新モデルの価格(消費税10%込)は61万500円となっています。

【了】

【画像】カワサキの軽二輪ネイキッド「Z250」2022年モデルの画像を見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事