【ダカールラリー2022ステージ12】ダカールラリー2022を制したのはGASGASのサム・サンダーランド選手

ダカールラリー2022の最終ステージ12は、Monster Energy Honda Teamのパブロ・キンタニラ選手がステージ優勝を果たし、総合優勝は、GASGAS Factory Racingサム・サンダーランド選手がダカールラリーを制しました。

レース序盤から安定した強さを見せたサム・サンダーランド選手が総合優勝

 ダカールラリー2022の最終ステージ12は、ゴール後も総合順位争いから目が離せない展開となりました。総合首位のGASGAS Factory Racingサム・サンダーランド選手から6分52秒遅れの総合2番手から最終ステージをスタートしたMonster Energy Honda Teamのパブロ・キンタニラ選手がステージ優勝を果たしました。しかし、総合優勝には3分27秒届かず総合2位でレースを終えています。

ダカールラリー2022の総合優勝は、GASGAS Factory Racingサム・サンダーランド選手
ダカールラリー2022の総合優勝は、GASGAS Factory Racingサム・サンダーランド選手

 総合優勝は、第2ステージから第6ステージ終了までレースをリードし、後半も完璧なライディングを披露したGASGAS Factory Racingサム・サンダーランド選手が2022年ダカールラリーチャンピオンになりました。サム・サンダーランド選手の2度目のダカール優勝は、個人的に素晴らしい成果であるだけでなく、KTM AGカンパニーにタイトルが戻ってきたことを意味します。

ステージ優勝を果たし総合2位となったMonster Energy Honda Teamパブロ・キンタニラ選手
ステージ優勝を果たし総合2位となったMonster Energy Honda Teamパブロ・キンタニラ選手

 総合優勝には手が届かず総合2位でラリーを終えたキンタニラ選手は2021年5月にMonster Energy Honda Teamに加わると、新チームでの初ラリーとなったアンダルシアラリーで表彰台を獲得。10月にはモロッコラリーで優勝。2022年のダカールラリーで総合2位となり、ダカールラリーでの3回目の表彰台獲得となりました。

■サム・サンダーランド選手(ステージ8位/総合優勝)

GASGAS Factory Racingサム・サンダーランド選手
GASGAS Factory Racingサム・サンダーランド選手

 最終ステージの終わりで、優勝かどうかを待つ10分間は、まるで一生分の時間のように感じられました。でも、2回目のダカールで勝ったというこの感覚は、永遠に私の記憶に残ります。この勝利は、1回目よりも良い気分。この勝利は決して簡単なものではなかった。今年はタイムは非常に接近しており、アクセルを緩める暇もなく、最後まで本当に緊迫したレースでした。ハードワークと犠牲、そしてGASGASチームが私のためにしてくれたこと、そのすべてが価値あるものでした。ダカールでの初優勝から5年、長い間待たされた。また優勝できて、GASGASの初優勝を主張できて、とてもうれしいです。チームのみんなが一生懸命に働いてくれて、まさにチームワークの賜物。素晴らしい。

■リッキー・ブラベック選手(ステージ26位/総合7位)

リッキー・ブラベック選手
リッキー・ブラベック選手

 最終ステージなので、できるだけプッシュしました。岩場が多く、ナビゲーションも難しかったです。誰かがミスをした隙に、他の選手がリードしようと必死でした。僕たちは最後まで諦めずに戦いました。最後まで戦い抜き、充実した気持ちで国に戻れます。僕たちにできることは、それほどありませんでした。最初のステージで1時間近く遅れてしまったので、その後の戦いは大変でした。後半戦でも挽回するのは難しかったです。来年は総合優勝だけを目標に戻ってきます。

■ホセ・イグナシオ・コルネホ選手(ステージ3位/総合6位)

ホセ・イグナシオ・コルネホ選手
ホセ・イグナシオ・コルネホ選手

 最終ステージはミスもなくいいペースで走ることができ、いい形でダカールラリーを終えられました。後半戦でいくつか順位を上げることができましたが、序盤のミスが最終順位に響いてしまいました。もっといい順位で走れたはずです。今年は僕にとって苦しいラリーでしたが、来年はもっといい戦いができるはずです。チームは全体的にいいパフォーマンスで走っていました。いい結果で終えたチームメートたちを祝福したいです。

■ホアン・バレダ選手(ステージ4位/総合5位)

ホアン・バレダ選手
ホアン・バレダ選手

 鎖骨の骨折や最初のステージでの40分のロスがありましたが、総合5位でダカールラリーを終えられました。困難な状況でしたが、1年間ダカールラリーのために頑張ってきたので、強い気持ちで戦いました。最後まで諦めずに、完走できました。モータースポーツをしていると、調子がいい時も、悪い時もあります。そんな中でも、できる限りの力を出し切ることが大切です。ダカールラリーに向けて7か月走り続けてきたので、少し休憩します。そして、次の目標に向けて100%の力で臨みます。ダカールラリーでは充実した日々を過ごすことができました。

■パブロ・キンタニラ選手(ステージ1位/総合2位)

パブロ・キンタニラ選手
パブロ・キンタニラ選手

 ダカールラリー全体を通して、パフォーマンスと結果には満足しています。特に後半は、安定したパフォーマンスで差を縮めることができました。チームが素晴らしい仕事をしてくれました。とてもタフなラリーでしたが、充実したものでした。総合優勝のチャンスは逃してしまいましたが、総合2位という結果には満足しています。上位でダカールラリーを終えることができたので、この時間を楽しみます。

※ ※ ※

 ダカールラリー2022のステージ優勝は、バレダ選手2回、コルネホ選手2回、キンタニラ選手1回で、Monster Energy Honda Teamとしては計5ステージで優勝。ホンダとしてのステージ優勝回数は累計97回です

【画像】ダカールラリー2022ステージ12の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事