BMW Motorrad「G310R」「G310GS」新型公開 新色の採用でイメージを一新

BMW Motorradは、普通自動二輪免許で運転できる「G310R」「G310GS」の最新モデルを公開しました。最新モデルでは新しいカラーとグラフィックが採用されています。

普通自動二輪免許で運転できる「G310」シリーズの最新モデル

 BMW Motorradは、普通自動二輪免許で運転できる「G310R」「G310GS」の最新モデルを公開しました。

BMW Motorrad「G310R」
BMW Motorrad「G310R」

 2015年に登場したG310Rは、最高出力34PS(25kW)/9250rpm、最大トルク28Nm/7500rpmを発揮する排気量313ccの水冷単気筒エンジンを搭載したロードスポーツモデルです。

 極めてコンパクトな構造を実現したG310Rでは、オートマチック・アイドル・ブースト、エレクトロモーティブ・スロットル・コントローラー、自己増幅式アンチ・ホッピング・クラッチなどを備えることで扱いやすいモデルに仕立げられています。

BMW Motorrad「G310GS」
BMW Motorrad「G310GS」

 また、2016年に登場したG310GSは、G310Rと共通のエンジン・フレームでありながらBMW Motorradのアドベンチャーモデル「GS」シリーズのスタイルを再現した車両で、コンパクトで堅牢、多用途なキャラクターでダイナミックな走りを実現しています。

 公開された新型モデルにおいては、G310GSでCosimic black 3、Polar white/Racing blue metallic、Kalamata metallic mattの3色、G310RでRacing red、Polar white/Racing blue metallicの2色をラインナップ。日本への導入時期が気になるところです。

【画像】BMW Motorrad「G310GS」「G310R」を画像で見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事