一体何が危険なの?「フェード現象」を徹底解説

2022年10月、観光バスが横転する事故が発生しました。この事故の原因は、「フェード現象」だったと報道されています。このフェード現象はクルマだけでなく、バイクにも起こり得る現象なのですが、具体的にはどのようなものなのでしょうか。

バイクも要注意のフェード現象とは?

 2022年10月、富士山で観光バスが横転する事故が発生しました。この事故は「フェード現象」によるもの。このフェード現象は、バイクにも起こる可能性がありますが、一体どういう現象なのでしょうか。

フェード現象は走行中にブレーキが利かなくなる現象
フェード現象は走行中にブレーキが利かなくなる現象

 フェード現象は、走行中に摩擦ブレーキを多用することでブレーキの利きが悪くなる現象。主に長い下り坂など、ブレーキを多く使う区間で発生します。下り坂でフェード現象が起きてしまいブレーキによるスピードの制御ができなくなることは大変危険で、事故につながることも少なくありません。

 先日起きた富士山での観光バス横転事故も、富士山の長い下り坂でフットブレーキを多用したことが原因となっています。

 ではなぜ摩擦ブレーキを多用すると、ブレーキが利きにくくなるのでしょうか。

 摩擦ブレーキには、ディスクブレーキとドラムブレーキの二種類がありますが、フェード現象が起きるメカニズムはどちらも同じであるため、ディスクブレーキを例に、フェード現象が起きる原因を解説します。

フェード現象の原因は摩擦ブレーキの酷使
フェード現象の原因は摩擦ブレーキの酷使

 ディスクブレーキは、タイヤと一緒に回転する円盤型のブレーキローターを、ブレーキキャリパーを使ってブレーキパッドで押さえつけることで、回転を止める仕組みです。

 ブレーキパッドの摩擦材はメーカーによって異なりますが、金属粉や繊維材をレジン樹脂やゴムなどで固めたものが一般的。

 フェード現象が起きるのは、このブレーキパッドの摩擦材が摩擦熱で限界温度以上に加熱された時です。この時に摩擦材の材料であるレジン樹脂やゴムなどからガスが発生。このガスがブレーキローターと摩擦材の間で潤滑油のように摩擦を阻害することから、ブレーキが利きにくくなるという訳です。

 もちろんブレーキローター側には放熱用の穴が空けられており、放熱対策も施されています。しかし、摩擦材には限界温度があり、ブレーキパッドの限界温度はメーカーなどにより差があるのが現状です。

走行中にブレーキの利きが悪くなったと感じたらすぐに安全な場所にバイクを停めてブレーキを冷やす
走行中にブレーキの利きが悪くなったと感じたらすぐに安全な場所にバイクを停めてブレーキを冷やす

 ちなみに、摩擦材からガスが発生した際は、何かが焦げた独特の異臭がするので、気付くことはできます。 また、フェード現象を予防するには、非摩擦ブレーキであるエンジンブレーキが有効。

 エンジンブレーキが利用できるのはMT仕様のモデルやAT仕様でもDTC(デュアルクラッチトランスミッション)を採用しているホンダの「レブル1100」など。遠心クラッチを採用していて走行にはギヤチェンジが必要な、ホンダの「スーパーカブ」なども、エンジンブレーキの利用が可能です。

 ただし、ホンダ「PCX」など無段階変速のAT仕様車は、そもそもギヤチェンジが不要なため、エンジンブレーキはほとんど利きません。そのため、AT仕様でフェード現象を予防するためには、MT仕様以上にゆっくりと走行することに加え、まめに休憩を取ることが重要です。

 走行中、長い下り坂でブレーキの利きが悪くなったと感じた場合には、早急に安全な場所で停車し、ブレーキを冷やすと良いでしょう。ただし、ブレーキの利きが悪くなったと感じた時には、既に手遅れの状態になっているかもしれません。そのため、長い下り坂ではフェード現象の予防に徹することが重要です。

※ ※ ※

 フェード現象は、走行中にブレーキが利かなくなる現象です。摩擦ブレーキの多用によって摩擦熱でブレーキパッドから発生したガスが、ブレーキローターとブレーキパッドの摩擦を阻害することから起こります。予防するにはゆっくり走ることと、非摩擦ブレーキであるエンジンブレーキを利用することが有効。

 エンジンブレーキがほとんど利かないAT仕様車は、MT仕様車以上にゆっくりと走行し、こまめな休憩を取ることがその予防につながります。これらに気をつけて、余裕をもった計画を立て、ゆっくりとツーリングなどバイクでのお出かけを楽しみましょう。

【画像】走行中にブレーキが利かなくなる!? 危険なフェード現象を画像で見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事