日本で最も愛されたロックンロール・ギタリストの素顔と功績を辿る珠玉のドキュメンタリー『シーナ&ロケッツ 鮎川誠 〜ロックと家族の絆〜』

2023年1月29日に74歳でこの世を去った鮎川誠。1978年に<シーナ&ロケッツ>を結成して以来、常に現役のロックミュージシャンとしてステージに立ち続けた彼の素顔に迫ったドキュメンタリー映画『シーナ&ロケッツ 鮎川誠 〜ロックと家族の絆〜』が、2023年8月25日(金)より全国公開中です。

偉大なロックミュージシャンの足跡をたどる

 1979年にシングル「ユー・メイ・ドリーム」がヒットし、日本のロックシーンに大きな足跡を残したバンド、シーナ&ロケッツ。そのギタリストとして休みなく走り続け、最期までステージに立つことにこだわった鮎川誠の生涯に迫るドキュメンタリー映画『シーナ&ロケッツ 鮎川誠 〜ロックと家族の絆〜』が完成しました。

(c)RKB毎日放送/TBSテレビ
(c)RKB毎日放送/TBSテレビ

 揺るぎないロック哲学とロック教養を持った鮎川さんは、最高のロックギタリストであると同時に、妻と3人の娘たちと過ごす時間を何よりも大切にする、優しい家庭人でもありました。鮎川さんは「生活とロックはイコールという世界に、シーナが引き込んでくれた」と話します。しかし、2015年2月14日に妻でありバンドのヴォーカルでもあったシーナさんが死去。シーナ&ロケッツはそこで止まるかとメンバーさえも思ったそうですが、鮎川さんはバンドの動きを止めませんでした。

 3人になったシーナ&ロケッツは以前にも増して精力的にライブ活動を行ない、やがてシーナさんの意志を引き継いで、“LUCY MIRROR”こと末娘の知慧子さんがヴォーカルとして正式加入すると、さらに活性化。2022年に結成45周年を迎え、鮎川さんはまだまだ走り続けると、誰もが思っていたのですが……。

(c)RKB毎日放送/TBSテレビ
(c)RKB毎日放送/TBSテレビ

 本作は、2023年3月に開催されたTBSドキュメンタリー映画祭で上映された『シーナ&ロケッツ 鮎川誠と家族が見た夢』をもとに、所縁の人物へのインタビューやプライベート映像、貴重な音源などを加え再編集した内容となっています。本編のナレーションは、バンドのファンでもあった俳優・松重豊が務めます。

 笑顔でロックを続けた日本で最も愛されたロックンロール・ギタリストの素顔と、最後までステージに立ち続けたいという情熱、そして生涯見続けた夢とは——。

ヤマハ「ポッケ(1980)」
ヤマハ「ポッケ(1980)」

 日本人離れしたスマートな佇まいがクールだった鮎川さんだけに、80年代にはバイクの広告に起用されたこともあります。ヤマハのポッケとフォーゲルというミニバイクの広告で、軽々と車体を持ち上げている高身長の男性=鮎川さんの姿に見覚えがあるのは、おそらく昭和世代のバイカーでしょうか。なおプライベートでは無骨にカスタムされたクールなハーレーダビッドソンに乗っていたそうで、ご自身の葬儀にもその愛車が飾られていました。

(c)RKB毎日放送/TBSテレビ
(c)RKB毎日放送/TBSテレビ

『シーナ&ロケッツ 鮎川誠 〜ロックと家族の絆〜』は2023年8月11日(金・祝)より福岡先行上映中、8月25日(金)より全国公開中です。

『シーナ&ロケッツ 鮎川誠 〜ロックと家族の絆〜』予告編

【画像】『シーナ&ロケッツ 鮎川誠 〜ロックと家族の絆〜』の画像を見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事