池松壮亮が一人二役! 昭和末期の夢見るジャズピアニストたちの一夜を描く『白鍵と黒鍵の間に』

池松壮亮がまるでカードの裏表のような関係の二人のピアニスト(一人二役)の3年間を演じる『白鍵と黒鍵の間に』が、2023年10月6日(金)より全国公開中です。

夜の街・銀座の二人のピアニスト

 池松壮亮が二人のピアニスト(一人二役)を演じる、冨永昌敬監督最新作『白鍵と黒鍵の間に』。昭和末期、夜の街・銀座で未来に夢を見る「博」と夢を見失っている「南」という二人のピアニストの運命が大きく狂い出す一夜を描く物語です。

(c)2023 南博/小学館/「白鍵と黒鍵の間に」製作委員会
(c)2023 南博/小学館/「白鍵と黒鍵の間に」製作委員会

 原作はジャズミュージシャンで、エッセイストとしても才能を発揮する南博の『白鍵と黒鍵の間に-ジャズピアニスト・エレジー銀座編-』。ピアニストとしてキャバレーや高級クラブを渡り歩いた3年間の青春の日々を綴った回想録ですが、共同脚本を手がけた冨永昌敬監督と高橋知由が一夜の物語に大胆にアレンジ。南博がモデルの主人公を「南」と「博」という二人の人物に分けて、“3年”におよぶタイムラインがメビウスの輪のようにつながる“一夜”へと誘い、観る者を翻弄します。

『ちょっと思い出しただけ』から『シン・仮面ライダー』まで、いまや日本映画界に欠かせない実力派スターとして活躍する池松壮亮が、二人のジャズピアニストという一人二役に挑戦。南は才能にあふれていますが、夜の世界のしがらみに囚われて夢を見失ってしまったピアニスト。博は希望に満ち、ジャズマンになりたいという夢に向かって邁進する若きロマンチスト。時にすれ違い、時にシンクロするカードの裏表のような関係の南と博を、池松が繊細に演じ分けています。

(c)2023 南博/小学館/「白鍵と黒鍵の間に」製作委員会
(c)2023 南博/小学館/「白鍵と黒鍵の間に」製作委員会

 南と博を取り巻く面々もすこぶるクセ者ばかりで、個性的かつ実力あるキャスト陣が集結。博の大学時代の先輩で、クラブでは南のバンド仲間でもあるピアニスト・千香子役には、ドラマ、映画、モデルなど幅広いジャンルで活躍し、NHKドラマ「大奥」や劇場版『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』でも注目を浴びる仲里依紗。南と博を翻弄する刑務所からシャバに出てきたばかりの謎の男“あいつ”役には、『ヒメアノ〜ル』『前科者』「インフォーマ」の森田剛が扮し、飄々かつ危険な香りを作品に注入しています。

 お調子者のギャンブル狂ながら音楽への想いは失っていないバンドマスター・三木役には映画、ドラマ、舞台などで幅広い作品に出演しつつ、昨年29年ぶりに再結成した「男闘呼組」の活動も話題の高橋和也。高いプライドと実力を持つアメリカ人のジャズ・シンガー、リサ役にはクリスタル・ケイが扮し、妖艶かつ力強い圧倒的な歌唱力を披露しています。さらに松尾貴史、松丸契、川瀬陽太、杉山ひこひこ、中山来未、佐野史郎、洞口依子など、個性豊かで濃厚な顔ぶれのアンサンブルによる群像劇としての魅力も詰まっています。

ホンダ「CB250R」
ホンダ「CB250R」

 主演の池松壮亮さんは文字通り引っ張りだこ状態の人気俳優ですが、やはり記憶に新しいのは主人公・本郷猛を演じた『シン・仮面ライダー』でしょうか。同作の本郷が乗るサイクロン号は、ホンダのCB250RとCB650Rがベース。当時のテレビシリーズへのオマージュ的な造型もあり、仮面ライダーのファンにとっても垂涎のデザインと言えるでしょう。

(c)2023 南博/小学館/「白鍵と黒鍵の間に」製作委員会
(c)2023 南博/小学館/「白鍵と黒鍵の間に」製作委員会

『白鍵と黒鍵の間に』は2023年10月6日(金)よりテアトル新宿ほか全国公開中です。

『白鍵と黒鍵の間に』予告編

【画像】『白鍵と黒鍵の間に』の画像を見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事