全世界に衝撃を与えたタランティーノ初監督作が30年ぶりに劇場公開『レザボア・ドッグス デジタルリマスター版』

クエンティン・タランティーノの初監督作にして、映画史に燦然と輝くマスターピースともいえるクライム・バイオレンスの傑作が30年の時を経て、『レザボア・ドッグス デジタルリマスター版』として2024年1月5日(金)より全国公開中です。

30年経っても色褪せない映画史に残る名作

 クエンティン・タランティーノの初監督作にして、全世界に衝撃を与え、映画史に燦然と輝くマスターピースともいえるクライム・バイオレンスの傑作『レザボア・ドッグス』。公開から30年の時を経て『レザボア・ドッグス デジタルリマスター版』として劇場公開されます。

(c) 1991 Dog Eat Dog Productions, Inc. All Rights Reserved.
(c) 1991 Dog Eat Dog Productions, Inc. All Rights Reserved.

 宝石強盗のために集められた、互いの素性を知らないコードネームで呼び合う6人の犯罪プロフェッショナル。完璧な計画のはずでしたが、なぜか現場には大勢の警官が待ち伏せていて……。間一髪で生き残り、集合場所に顔を揃えた男たちは裏切り者がいると考えて疑心暗鬼に駆られます。そして、物語は衝撃のラストが待つ血で血を洗う惨劇へと突き進んでいきます。

『レザボア・ドッグス』は、1992年のサンダンス映画祭で初めて上映され、過去に類を見ない斬新な構成と過激なバイオレンス描写が注目の的となり圧倒的な絶賛を受けました。その後、絶賛の声は衝撃とともに世界中に広まり、カナダのトロント、スウェーデンのストックホルム、スペインのシチェスと映画祭に出品される度に注目を浴び、世界各国で最優秀賞やグランプリなど数々の賞を受賞。なかでもフランスのカンヌ国際映画祭では、上映前からポスターやチケットに貼られた「心臓の弱い方はご遠慮ください」というステッカーが否応なしに目を引き、いざ上映されると途中退場の観客が続出すると同時に最大の話題をさらいました。

 今では誰もが知るアカデミー賞受賞監督のクエンティン・タランティーノですが、本作の制作時は若干28歳。まだまだ無名だったタランティーノのデビュー作ですが、時間軸を超えた展開、ストーリーとは関係のない長回しの会話など、タランティーノ映画の唯一無二のオリジナリティはこの時すでに完成されています。

カワサキ「ZZR250(2006)」
カワサキ「ZZR250(2006)」

 残念ながらデビュー作では印象的なバイクの登場シーンはありませんでしたが、その後のタランティーノ作品では『パルプ・フィクション』のブルース・ウィリスが乗ったハーレーダビッドソンのFXRスーパーグライド、『キル・ビル Vol.1』でユマ・サーマンが東京の町を駆け抜けたカワサキのZZR250、そして『イングロリアス・バスターズ』の印象的な“狙撃シーン”で存在感を放ったBMWのR71など、さまざまなバイクが登場しています。

(c) 1991 Dog Eat Dog Productions, Inc. All Rights Reserved.
(c) 1991 Dog Eat Dog Productions, Inc. All Rights Reserved.

『レザボア・ドッグス デジタルリマスター版』は、2024年1月5日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開です。

『レザボア・ドッグス デジタルリマスター版』予告編

【画像】『レザボア・ドッグス デジタルリマスター版』の画像を見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事