バッテリー充電性能を高速化! トヨタが米国でバッテリー電気自動車「bZ4X」の2024年モデルを公開

トヨタが2024年1月9日、テキサスで同社のバッテリー電気自動車「bZ4X」の新型モデルを発表。同モデルにはXLEとLimitedの2グレードが用意され、電気ドライブの楽しさが提供されます。

より高速な充電、快適さ、利便性を実現

 テキサスで2024年1月9日、トヨタがバッテリー電気自動車(BEV)「bZ4X」の2024年モデルを公開。同NEWモデルは非常に高性能なプラットフォームに、大胆でモダンなスタイリングと新技術の数々が融合されています。

 グレードは、XLEとLimitedの2グレードを設定。スマートなスタイルのSUVパッケージは、前輪駆動と全輪駆動から選択可能で、最大5人乗り、十分な後部荷室スペース、随所に施された高級感が特徴です。

トヨタ「bZ4X Limited」の新型モデル
トヨタ「bZ4X Limited」の新型モデル

 2024年モデルのbZ4Xは、利便性と充電性能を重視した新機能を追加。レベル1充電とレベル2充電が可能なデュアルボルテージ充電ケーブルが「XLE」と「Limited」に標準装備されました。

 フルデジタルのマルチインフォメーションディスプレイ(MID)に、充電時の充電状態、80%までの充電時間、航続可能距離を表示。

 DC急速充電において寒冷地での充電時間も改善。バッテリー温度を上昇させるための水対水熱交換器と加熱調整バルブの追加など、バッテリーサーマルシステムが強化され、寒冷地でのDC急速充電が可能になりました。

トヨタ「bZ4X Limited」の新型モデルの内装
トヨタ「bZ4X Limited」の新型モデルの内装

 bZ4Xの洗練されたインテリアには、快適性、利便性、技術も追加。XLEは、bZ4Xの洗練された装備に加え、運転席8ウェイパワーアジャスタブルシート、乗降性に優れたパワーリヤリフトゲートが装備されています。

 そしてリミテッドには、縦列駐車や縦列駐車の際にハンズフリーで駐車できるアドバンスド・パークが標準装備され、技術面も強化されています。

 新型bZ4Xの価格は、XLEグレードが4万3070ドル、Limitedグレードが4万7180ドルからで、米国トヨタ販売店への入荷は2024年1月が予定されています。

【画像】トヨタから公開されたバッテリー電気自動車「bZ4X」の2024年モデルを画像で見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事