脈々と受け継がれてきた「アドベンチャーバイク」 新カテゴリー登場の起源とは?

ホンダ「アフリカツイン」(1988年)は排気量647ccの水冷4ストロークV型2気筒エンジンを搭載し、デュアルヘッドライトや容量24リットルの燃料タンク、大型アルミ製アンダーガードなどを採用して登場
2010年に登場したヤマハ「スーパーテネレ(XT1200Z Super Tenere)」は、排気量1199ccの水冷4ストローク並列2気筒エンジンを搭載し、ドライブ方式はチェーンではなくドライブシャフトを採用
1984年のパリ-ダカールラリーに出場したH・オリオール選手は、BMWのバイクをベースにビッグタンクや光量を増したヘッドライト、クッション性を高めた厚いシート、ロングストロークのサスペンションなどを装備
ヤマハ「セロー250」は日本で人気のデュアルパーパスバイク
モトクロスバイクに前後17インチのホイールとオンロードタイヤを装着した「モタード」タイプのバイク(写真は2020年型のハスクバーナ「701スーパーモト」)
BMW Motorrad「R80G/S」(1980年登場)
ホンダ「トランザルプ600V」(1987年)は、パリ-ダカールラリーで1986年と1987年に2年連続で優勝(二輪車部門)したレースマシン「NXR750」で得た技術をフィードバックして開発された市販車

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事