電子制御サスペンションとDCTを搭載 ホンダの最新アドベンチャーバイクとは?

ホンダ「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES DCT LD」
外装はアドベンチャー・スポーツ専用設計となっており、じつはエクステリアのみで言うとアフリカツインと共有できるものはほとんど無い
5段階調整式大型スクリーンを最も低い位置にセットした状態
5段階調整式大型スクリーンを最も高い位置にセットした状態
ハンドル周りはアフリカツイン同様スタンディングを考慮したオフロードバイクの王道ポジション
タッチパネル式6.5インチTFT液晶多機能ディスプレイを採用し、その下にシンプルなデジタル表示メーターを配置
左側のフロントフォーク上部には電子制御サスペンション・システムの減衰圧調整部品が組み込まれる
DCTタイプは左グリップにパーキングブレーキ用のレバーを装備し、左スイッチボックスには複数の操作スイッチが配置される
ハンドル左右に装着された黒いナックルガードには白いプロテクションパーツが標準で装着される
排気量を1082ccに拡大させた水冷直列2気筒OHC4バルブエンジン(DCTタイプ)にはビッグスキッドプレート(エンジン下部を保護)が標準装備される
競技車両「CRF450R」と同じ軽量高剛性タイプを採用した新開発のアルミ製スイングアーム
ビッグタンク(容量24リットル)を装備するアドベンチャー・スポーツの着座位置。前モデル比で幅が40mm細くなったリアフレームによってシート幅も狭められ走行時のライディングポジションの自由度と停車時の足つき性が向上
アフリカツインの着座位置。前モデル比で幅が40mm細くなったリアフレームによってシート幅も狭められ走行時のライディングポジションの自由度と停車時の足つき性が向上(燃料タンクは容量18リットル)
アドベンチャー・スポーツ(ローダウン)にまたがった状態(ライダー身長183cm)
アドベンチャー・スポーツ(ローダウン)にまたがった状態(ライダー身長183cm)
アドベンチャー・スポーツ(ダークネスブラックメタリック)
アドベンチャー・スポーツ(ダークネスブラックメタリック)
アドベンチャー・スポーツにアクセサリーを装着した状態(フロントサイドパイプ、エンジンガード、フォグランプ、アルミパニアケース、アルミトップボックスなど)
EERAが搭載されるのは「アドベンチャー・スポーツ」のみ
アドベンチャー・スポーツには旋回時の傾斜角度に応じて照射範囲が3段階に切り替わる「コーナリングライト」を標準装備
ホンダ「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES DCT」に試乗する筆者(松井勉)
ホンダ「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES DCT」

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事