2ストバイクの現行モデル 毎年新型が登場するエンデューロの世界

キッズ用の「YZ65」にもYPVSを採用。成長著しい子供達の走りに応える本格レーサー
扱いやすさや軽さで人気の2スト125レーサー「YZ125X」は、ひと昔前の「2スト125=ピーキー」という図式を覆した低中速のトルクが魅力
ハスクバーナのTEシリーズは、排気デバイスのスプリングを変更することで、特性をピーキーからマイルドへと変更可能
国内最大級の人気と規模のクロスカントリーレース『JNCC AAGP』でも、とくに初心者・中級者が集まるクラスでは、2ストマシンが半数近くの台数を占めるほど人気
キャブレターを搭載するYZ125やYZ125Xは、長めの暖機運転や、気温、湿度、標高に合わせたセッティングも必要。その一手間も楽しみのひとつ
過激な急坂やガレ場を進むハードエンデューロでは軽量な車体の2ストマシンが主流となっている。とくに欧州では300ccがメジャーな排気量
過激な急坂やガレ場を進むハードエンデューロでは軽量な車体の2ストマシンが主流となっている。とくに欧州では300ccがメジャーな排気量
チャンバーの造形の美しさも2ストモデルの魅力(写真はハスクバーナ「TE」シリーズ)
見た目はフルサイズのレーサーだが、じつはエンジン特性が穏やかで、柔らかめのサスペンションを搭載したBETAの「クロストレイナー」も注目の1台
フューエルインジェクションを搭載したハスクバーナ「TE250i」は、分離給油方式でフレームの上部から2ストロークオイルを投入する仕組み
GASGASはかつては4ストマシンも生産していたが現在は2ストのみ。サスペンションはKYB製を装備
フランスとスペインにまたがるメーカー、シェルコのマシンは、スタンダードモデル(写真)はWP製サスペンション、「ファクトリー」と呼ばれるレーシングモデルはKYB製サスペンションを装備する
tmの2ストオフロードレーサーは、イタリアンスポーツカーのような高級感に速さを追求したスパルタンな乗り味が特徴
ヤマハ2ストエンデューロモデルのフラッグシップ「YZ250X」は、中級者以上を対象とした本格レーサー
ヤマハ「YZ85」は、YPVSと呼ばれるヤマハ独自の排気デバイスシステムを搭載し、乗りやすさを向上

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事