ホンダ「CBR650R」の直4エンジンに思わず笑みがこぼれる! ほどよいバランスのスーパースポーツモデルとは?

ホンダ「CBR650R」と筆者(松井勉)
シート高810mmの車体に身長186cmの筆者(松井勉)がまたがった状態
LEDヘッドライト下左右にはエアクリーナーへ空気を送り込むツイン吸気ダクトのエアインテークを配置。ウインカーもLEDを採用
セパレートタイプのハンドルバーはトップブリッジ下側から取り出している
視認性が高い液晶のメーターパネルは表示面を最大化したフルフラットデザイン
容量15リットルの燃料タンクには、前方向にエアクリーナーボックスが収まる
前後別体型のシートはリアシートのみメインキーで取り外し可能
フロントブレーキにはNISSIN製4ピストンキャリパーをラジアルマウント。フロントフォークはSHOWA製の倒立タイプを採用
リアブレーキはNISSIN製シングルピストンを装備。ホイールは前後とも5本Y字型スポークを採用
ホンダ「CBR650R」(2019年型)カラー:マットバリスティックブラックメタリック
ホンダ「CBR650R」(2019年型)カラー:マットバリスティックブラックメタリック
ホンダ「CBR650R」に試乗する筆者(松井勉)
ホンダ「CBR650R」に試乗する筆者(松井勉)
ホンダ「CBR650R」(2019年型)カラー:マットバリスティックブラックメタリック
ホンダ「CBR650R」に試乗する筆者(松井勉)
排気量648ccの水冷直列4気筒エンジンを搭載

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事