ヤマハと静岡大学が「VR酔い」を研究 さらなるVR技術の発展・普及に向けての課題に挑む

ヤマハの研究メンバー三木さん(左)と木村哲也さん
実験では80人の被験者が酔いの程度を20段階で評価
ヤマハ「MT」シリーズ
ヤマハ「テネレ700」
ヤマハ「MW-VISION(ヤマハ エムダブリュ ビジョン)」
VRを活用したヤマハの操縦安定性の研究設備

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事