ハスクバーナに250クラスのストリートモデル「スヴァルトピレン250」追加 見た目は同じでも異なる個性の人気シリーズを検証する

ハスクバーナ「SVARTPILEN 250」(2020年型)と筆者(和歌山利宏)
ハスクバーナ「SVARTPILEN 250」(2020年型)
ヘッドライトやウインカー、テールライトにはLEDを採用
スヴァルトピレンにはややアップライトな乗車姿勢となるバーハンドルを装備
容量約9.5リットルの燃料タンクにはキャリアのようなプレートを装備
タンク部からサイドパネル、シート、テールランプまで、流れるような一体感のあるデザインはスバルトピレン、ヴィットピレン共通の特徴
排気量248.8ccの水冷単気筒DOHC4バルブエンジンを軽量なスチール製トレリスフレームに搭載
フロントサスペンションにはWP製APEX倒立フォーク、ディスクブレーキにはByBre製4ピストンキャリパーを装備
リアサスペンションにはWP製APEXモノショック、ディスクブレーキにはByBre製シングルピストンキャリパーを装備。ナンバープレートはスイングアームマウントのリアフェンダーに固定
身長161cmの筆者(和歌山利宏)がシート高835mmの車体にまたがった状態
ハスクバーナ「SVARTPILEN 250」(2020年型)に試乗する筆者(和歌山利宏)
ハスクバーナ「SVARTPILEN 250」(2020年型)に試乗する筆者(和歌山利宏)
ハスクバーナ「SVARTPILEN 250」(2020年型)
3機種となった「SVARTPILEN」シリーズ。左から、新登場の「SVARTPILEN 250」、2020年型となった「SVARTPILEN 401」と「SVARTPILEN 701」。見ての通りほとんど違いが分からないほど統一されたデザイン
ハスクバーナ「VITPILEN 701」(2020年型)に試乗する筆者(和歌山利宏)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事