MotoGP アンダルシアGPで表彰台を独占するもヤマハ陣営に浮かび上がる不安

右肩の骨折及び脱臼を抱えるアレックス・リンス(Team SUZUKI ECSTAR)
左手舟状骨の手術明けのアンダルシアGP参戦となるカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)
着実にポイントを重ねるアンドレア・ドビツィオーゾ(Mission Winnow Ducati)
2戦を終えエンジンに不安を抱えるヤマハ勢
アンダルシアGPは、2014年以来ヤマハが表彰台を独占した
前戦エンジントラブルに見舞われたロッシ、今回は3位表彰台を獲得
ファビオ・クアルタラロ(PETRONAS Yamaha Sepang Racing Team)が開幕から2連勝
4位は自己最高位を更新した中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)
右腕上腕骨骨折からの復帰を目指していたマルク・マルケスだったがレースは欠場した
アンダルシアGPではモルビデリがエンジントラブルでリタイアした
コーナリングスピードを重視するビニャーレスのライディングスタイル

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事