ベースは同じでも全然違う!? ホンダ「スーパーカブC125」と「CT125・ハンターカブ」 比較にならない結果にどちらも欲しくなる

ホンダ「CT125・ハンターカブ」(左)と「スーパーカブC125」(右)&筆者(松井勉)
ホンダ「CT125・ハンターカブ」カラー:マットフレスコブラウン
「CT125・ハンターカブ」のハンドル周り。バーハンドル中央にコンパクトな丸型デジタルメーターを装備。エンジンはイグニッションキーを刺して電源をONにし、セルスタータースイッチで始動する一般的なもの
「CT125・ハンターカブ」にはセルスターターに加えキックスターターも装備。アップマフラーのためエキゾーストパイプの取り回しは上方へ
“ハンターカブ”の存在を印象付ける縦477mm×横409mmの大型リアキャリア
ホンダ「スーパーカブC125」カラー:パールニルタバブルー
ホンダ「スーパーカブC125」のエンジン始動には「Honda SMART Key システム」を採用
クロームメッキで縁取られた「スーパーカブC125」のメーターは、外側にアナログ表示、内側にデジタル表示を配置し、ギアポジションも表示する
頻繁に使用するシフトペダルは、ひたすら踏み込まれる扱いにも耐えられるようタフなつくり
2020年6月の登場で大いに注目を集めるホンダの原付二種レジャーモデル「CT125・ハンターカブ」に乗る筆者(松井勉)
ス―パカブ誕生60周年を迎えた2018年に新登場となったホンダ「スーパーカブC125」価格:40万7000円(消費税10%込み)
「スーパーカブC125」をベースに開発された「CT125・ハンターカブ」価格:44万円(消費税10%込み)
高級車的な外観と、原付二種ながら確かな走りを体感できる「スーパーカブC125」

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事