爽快な走り!! スズキの油冷単気筒ロードスポーツ「ジクサーSF250」が秀作なワケ

身長174cmの筆者(伊丹孝裕)がシート高800mmの車体にまたがった状態
低く構えたフロントカウル先端にはワイドな形状のLEDヘッドライトを装備
前後17インチサイズのホイールには切削加工を施した10スポークアルミキャストホイールを採用。シングルディスクと片押し2ピストンブレーキキャリパーの組み合わせ。ABS標準装備
セパレートタイプのハンドルバーは快適なスポーツライディングを実現する絶妙な配置
メーターにはデジタル表示のフル液晶ディスプレイを採用。左右に各種インジケーターを配置
容量12リットルの燃料タンクはサイドカウルと連結するタンクカバーに覆われカウルデザインに一体感を持たせている
シートは前後分割タイプ。アルミダイキャスト製のリアグリップは剛性とデザイン性を高めている
LEDを採用したテールランプは被視認性に優れたデザイン
スズキ「ジクサーSF250」に試乗する筆者(伊丹孝裕)
新開発の排気量249cc油冷単気筒エンジンを搭載するスズキ「ジクサーSF250」
装備重量158kgのスズキ「ジクサーSF250」はコンパクトなエンジンとフレームにスポーティなデザインのフルカウルを装備。スイングアームマウントリアフェンダーを採用
スズキ「ジクサーSF250」に試乗する筆者(伊丹孝裕)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事