ユーロスタイルの新型「フォルツァ」はエマージェンシーストップシグナルも採用!

2000年に登場した初代FORZA(フォルツァ)
フルフェイスヘルメットが2個入る容量48リットルのラゲッジボックスを採用
アナログ2眼メーターは、上質感のあるデザインと視認性を追求
被視認性の高さと省電力も追求し、鋭いデザインとされたLEDヘッドランプ
急ブレーキをいち早く後続車に伝えるエマージェンシーストップシグナルも新採用
ブレーキは、フロント256mmの大径シングルディスク、リア240mmのシングルディスクを採用し、前輪・後輪にブレーキ時の車輪ロックを回避するABSを装備
ホンダの新型250ccスクーター「FORZA(フォルツァ)」
ホンダの新型FORZAをバイクジャーナリストの青木タカオさんが徹底チェック!
自然体のライディングポジションを追求した「台形バランス」フォルムをベースに、アグレッシブさを具現化しています
新設計エンジン「eSP+(イーエスピープラス)」を搭載
走行中でも調整が可能な電動式可動スクリーンを搭載
車体色は全3色とし、写真はスマートでモダンな雰囲気を表現した「パールホライゾンホワイト」

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事