個性的な見た目に贅沢装備 ハスクバーナ「スヴァルトピレン125」はクラスレスな質感を放つ爽快なスクランブラーだった

ハスクバーナ「SVARTPILEN 125(スヴァルトピレン125)」と筆者(伊丹孝裕)
2021年2月より日本に導入されたハスクバーナの最小排気量モデル「SVARTPILEN 125(スヴァルトピレン125)」
燃料タンク部からサイド部まで、シームレスにつながる形状のカバーが特徴的。シート後端のグラブバーも機能性とデザイン性を両立させた作り
丸型ヘッドライトやウインカーランプにはLEDを採用
ワイドなハンドルバーには剛性を高めるブレースを追加。ハンドル左右にあるスイッチはシンプルなもの
カバーに覆われた燃料タンクの容量は約9.5リットル。タンクキャップは質感の高いアルミニウム製。ラゲッジラックは標準装備
フラットに近い形状で車体スタイリングにマッチしたシートは前後別体式
テールランプもLEDを採用
前後17インチのホイールにはブロックタイヤを履く。倒立式のフロントフォークはWP製。油圧式ディスクブレーキはBYBRE製対向4ピストンキャリパーをラジアルマウント
リアブレーキキャリパーもBYBRE製。シングルピストンキャリパーを採用。BOSCH製のABSシステムを搭載し、リアブレーキのみABS機能を解除することも可能
ハスクバーナ「SVARTPILEN 125(スヴァルトピレン125)」に試乗する筆者(伊丹孝裕)
身長174cmの筆者(伊丹孝裕)がシート高830mmの車体にまたがった状態では、片足がかかとまで接地する
125ccクラスながらグレードの高い装備で軽快な走りを楽しめる
排気量125ccの水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブエンジンを搭載

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事