KTM「250アドベンチャー」は手軽さと必要十分な装備で冒険の敷居を下げてくれる存在

KTMアドベンチャーモデルは左右分割式のLEDヘッドライトを共通デザインとするが、その中で唯一、単眼ヘッドライト、ハロゲンバルブを採用
メーターには液晶デジタルディスプレイを採用。視認性は良好
排気量248.8ccの水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブエンジンを搭載
スイングアームは特徴的な造形の鍛造オープンラティス構造
KTM「250 ADVENTURE」に試乗する筆者(伊丹孝裕)
シート高855mmの車体に身長174cmの筆者(伊丹孝裕)がまたがった状態
KTM「250 ADVENTURE」(2021年型)
車体構成は「390アドベンチャー」とほぼ共通。フロント19インチ、リア17インチホイール、前後WP製サスペンションを装備。燃料タンク容量は14.5リットル、フレームはKTMお得意のスチール製トレリス(トラス)構造。乾燥車重156kg

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事