アプリリア「RS660コンセプト」 若い世代を狙い撃ちミドルサイズスポーツモデル登場【EICMA2018】

アプリリアは、ミドルサイズのスポーツバイクコンセプトモデルをEICMAにて発表しました。新世代エンジンを搭載した「RS660コンセプト」は新たなユーザーを獲得できるのか?

若い世代に向け快適で乗り心地を重視したコンセプトモデル

 アプリリアは、扱いやすいエンジン性能や徹底した軽量化、さらに快適でありながらスポーツ性能が高い新モデルの研究開発を行なっています。そのアプリリアが若い世代に向けたコンセプトモデル「RS 660コンセプト」を発表しました。

aprilia RS660 concept(アプリリア RS660 コンセプト)

 同社が設計する超微細な車体構造の知識や経験は、世界中で認められています。この伝統を守りながら、RS660コンセプトは、美しく磨かれたアルミフレームとスイングアームで構成され軽量化も同時に実現しています。

 革新的で洗練されたスタイルは、最高レベルのレースで生まれた空気力学と、風洞実験で得られたデータにより生まれたといいます。

 さらに、滑らかな直線を描くテールカウルに大きめなシート、高すぎないフットペグ、低めに配置されたセパレートハンドルなどによって、スポーツ走行時でも快適な乗り心地を実現するとしています。

磨かれたフレームに搭載される新世代エンジン

 このRS660コンセプトに搭載される新世代エンジンは、Tuono V4とRSV4 1100 Factoryの1100cc V4から派生した、非常にコンパクトな新世代660cc水冷並列2気筒エンジンです。

【了】

提供:くるまのニュース

アプリリア「RS660コンセプト」の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事