ホンダ新型「クロスカブ50/110」に「くまモン バージョン」を追加し発売

ホンダの「カブ」に遊び心をプラスしたクロスカブ。街や自然にも溶け込む魅力を持つこのモデルに、愛くるしさで人気の「くまモン」がガッチリタッグを組んだ!

ホンダとくまモンコラボレーションモデルを新たに追加

 ホンダは、原付レジャーモデル「クロスカブ50」と「クロスカブ110」に、熊本県のPRマスコットキャラクター「くまモン」とのコラボレーションにより「クロスカブ50・くまモン バージョン」と「クロスカブ110・くまモン バージョン」を新たに追加し、6月21日(金)に発売します。

クロスカブ110・くまモン バージョン

 新たに追加した「クロスカブ50・くまモン バージョン」、「クロスカブ110・くまモン バージョン」は、くまモンをイメージした赤と黒を基調にしたカラーリングを車体各部に採用しています。
 赤いパイピング付きシートの後面にくまモンの足跡をイメージしたカモフラ柄のシートデザインや、スマイルくまモンのイラストをあしらい質感にも拘ったエンブレム、専用キーの採用など、くまモンのかわいらしさを表現した遊び心あふれるモデルとしています。

ブラックメッキを採用したエンブレム

 クロスカブ50/110・くまモン バージョンの国内年間販売計画台数は、シリーズ合計2700台で、価格(消費税税込)は「クロスカブ50・くまモン バージョン」30万2400円、「クロスカブ110・くまモン バージョン」34万5600円です。また、車体色は、グラファイトブラック1色の設定となっています。

【了】

「くまモン バージョン」のクロスカブを写真で見る

画像ギャラリー

最新記事