スズキ「Vストローム」シリーズがカラーチェンジ 全3色を3月28日より発売

スズキは、大型スポーツアドベンチャーツアラー「Vストローム」シリーズのカラーリングとデカールを変更し、3月28日より発売します。

バイクシーズン到来に向けてカラーリングも一新?

 スズキは、2014年に登場した大型スポーツアドベンチャーツアラー「V-Strom(ブイストローム)」シリーズのカラーリングを変更し、3月28日より発売します。

スズキ「V-Strom650 ABS」2019年カラー「キャンディダーリングレッド」

 対象モデルは「V-trom650 ABS」、「V-trom650XT ABS」、ワイヤースポーク仕様の「V-trom1000 ABS」、「V-trom1000XT ABS」です。

 全モデル共通の2019年ニューカラーは、「キャンディダーリングレッド」(赤)、「グラススパークルブラック」(黒)、「パールグレッシャーホワイト」(白)の全3色の設定です。

 街中から高速道路、山岳路まで、長距離ツーリングを快適に楽しむことができるこれらの大排気量ツアラーは、1988年に発売された野性的で力強いスポーツアドベンチャーツアラー「DR-BIG」DNAを継承した、シリーズ共通イメージスタイリングとなっています。

 ちなみに、シリーズ末弟「Vストローム250」のカラーリング変更は発表されていません。

 価格(税込)は「V-trom650 ABS」90万7200円、「V-trom650XT ABS」95万400円、「V-trom1000 ABS」140万4000円、「V-trom1000XT ABS」144万7200円です。

【了】

スズキ「Vストローム」2019年カラーの画像を見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事